堀内氏新刊『シンクロニシティ・マネーの法則』発売記念に、無料LDMワーク体験会を行います!

マスク.jpg
山崎美穂

10月4日発売の『シンクロニシティ・マネーの法則』を読み

これは、今までの2冊とは違う感じなんだな

って改めて思いました。

今までの2冊とは、
2017年発売の『夢を叶える人のシンクロニシティ・マネジメント

2020年発売の『ベストパートナーと宇宙一カンタンにつながる方法
です。

前2冊はLDMの理論で組み立てられていますが
今回の新刊は『エコシステム理論』という、
新しい理論を作ったんだな
と感じました。

LDM理論が根幹にあるのは変わらず
LDMがお伝えしている
『インスピレーション力®が具現化した現実世界】
に関することが書かれている
と思いました。


新刊でよく聞く『富』という言葉。

過去の私も経験しましたが、
自分に繋がって素直にならないと感じにくい気がします。


私自身、LDMを学んで6年。
今ではしっかりと感覚を掴んで、
人にもLDMの理論を伝えさせていいただく立場になりましたが

過去は『頑張らないといけないと思っている、現代が生んだ男性性バリバリ女子』で
『自分の富』が全く見えていませんでした。

ですが、女性性を上げたら『自分の富』に気づいたのか?と聞かれると
それだと1/3ぐらいしかあってなくて...

いろんな意味で
『本来の自分と繋がれた』
『いろんなことを赦せた』
『自分を信じれるようになったから』
だと思いました。

今までは
『過去の辛かったことを乗り越えれた自分』
『努力で欲しいものをゲットできた自分』
だから信じてこれたところがありましたが

今では、どんな自分でも信じていけそうな気がします。

かっこ悪くても
自分ができない事は人にお願いしても
前に行った事ができるまで時間がかかっても
それでも自分にOKが出せるようになったのです。

『本来の自分』にしっかりと繋がって
『本来の自分』が望むものを知り、
過去に頑張ってきた事に対する辛い想いや執着をだんだんと手放せたら
『自分の富』がハッキリと感じれるようになりました。

正直、一人でこの過程を履修するのは何年もかかりました。

ですが、ある事をするとその時間が一気に短縮されたのです。


私は2020年に『LDM半公式Facebookグループ』を立ち上げ、
LDMに興味がある方に、定期的に無料でLDMワーク体験会を行いました。
(1年間で400名以上参加してくれました)

当時は広告もせず、口コミだけで人が集まり
200名以上のコミュニティとして楽しんでもらい、

今は、育児中の私に代わり、毎月数名のLDMファシリテーターが
LDMワーク体験会を開催しています。

更に、2020年はオンラインでLDMセミナーを多数開催しました。

「直接会うより、言葉の意味をしっかり受け取りにくいかもしれないから
 (私が誤解してしまうと申し訳ないので)1対1で行おう」

と思い実行してきました。

そうすると、スケジュール上お客さま1名に対して
毎週のようにLDMワークをしているようになりました。

そして、目を見張る変化があったのです。


どうやら、お客さまがワークを受ける前の状態に戻る前に、
次のLDMワークが無意識に浸透するから
変化が早い!!

という事に気づきました。


さらにそれは半公式で行ったLDMワーク体験会でも同じで

『毎週のようにLDMワークを受けていると、人は確実に変わっていく』

という事が、私の中で腹落ちしました。


半公式でLDMワークを受講してくれた方から、
こんな感想もいただきました♪

・過去のメンタル的に重苦しい感じがなくなり軽くなった

・他人軸に合わせすぎててアワサヌキが疲れてたことに気付く
 (体の外側にあったイメージでした)
 →継続して受けてだいぶ回復

・ミッション出現ツールは最初のころ何回か寝落ち
 →継続して受けて意識を保ってメッセージを受け取れるようになった

・快、不快を大切にするようになり、
 だんだん自宅の状態が我慢できなくなりリフォームが進んだ
 (壁の塗り替え、床張り替えなど)

・美穂さんと対談ライブをさせてもらった
 →その経験が、ヒーリングの先生とYou Tubeを始めるきっかけになった

・イメージ力が上がった

・ガイドから情報を受け取れる範囲が広がった

・ヒーリング能力が上がった

・半公式でワークの効果を感じたから
 インスピレーション力アドバンスクラスまで受講しようと思えた
 →ツールの提供ができるようになった

そこで、せっかく堀内氏の新刊発売記念に合わせて
オンラインで受けれる無料LDMワーク体験会を開催することにしました。

しかも、毎週火曜21時からです。
(申し込んでいただくと、ZOOMのURLが届きます)

ぜひ、ご参加して楽しんでくださいませ。

≪申し込みページ≫

211004.png

関連する記事