豊かな女性性・男性性とは?

受講した方が
『豊かな女性性』『豊かな男性性』
を発揮していく様子を見ると嬉しい。

この感覚が、
『私の豊かな女性性』なのだと思います。
 ↑私のって事が大事

女性性も男性性も、個人個人で違います。

活かし方は本当に千差万別。

知識で得た女性性・男性性を
活かすのはあなた次第だからです。

例えば、RPGで杖をもらっても

魔法使いの杖にするか、
山登りの補助に使うか
加工して釣り竿に使うか、

いろんな使い方があります。

どの使い方をとっても
本人が満足する形になっているように
見えませんか?

山登りが好きな人に
「杖があるんだから魔法使いになりなさい」
と言われてもならないと思います。

釣りが好きな人に言っても同じこと。

だから大事なのが、「自分がどうしたいか?」

時代の流れとして、
山で生きていく方法も、海で生きていく方法も
マニュアルが出てきているので、
生き残ってはいけます。

だからこそ、ご自身の女性性・男性性に
しっかり相談してみてください。

『何が好きか・どうやって生きたいか』

の答えが出てきやすすいと思います。

そういう視点で見た時、
今のあなたの中身は
イキイキしているでしょうか??

体験会やセッション・セミナーで
今までいろんな方々と接していく中で

『得た知識のとおりでいなければ』

と頑張ろうとする方々を多く見ました。

例えば、女性性・男性性を知った女性が

『男性性は出しちゃダメ、
 女性性のみで生きていかねば』

もしかしたら、
そう教わったのかもしれません。

でもそれって
『女性性を使って人生を楽しむ』目的において
手段としての女性性が、

『女性性を満たさないと幸せになれない』という
目的になっているような気がしました。

女性性をお金に言い換えると
分かりやすいかもしれません。

『人生を楽しむためのお金』から
『お金がいっぱいないと、幸せになれない』

これと同じ感覚になりたくて
女性性に注目したわけではないはず。。

ですが、思考の切り替えをしないと
そう思ってしまうことも事実です。

私はLDMに出逢って3年かけて
この思考の書き換えを行ってきました。

だからこそ、講師になりたいと思えたのです。

LDM講師になって1年ですが

少しずつ、
人々の「ねばならない」という不安を
「大丈夫」という安心に変えることができ

嬉しく思っています。

これからも、私自身の人生を楽しむため
人との関わっていき、

その中でLDMやメンタルケア心理専門士が
必要なら活用していきたいと思っています。

音楽.jpg




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事