チャクラを整えると〇〇になれる

昨日はある試験を受けました。

午前中は筆記で、午後は面接。

お昼休みにふと思い立って
チャクラを整えてから面接に臨むと...

面白いぐらい、面接がうまくいくのです。

「受かったらこんなことしたい」等々、
面接官と仲良く世間話してきました。

あ!コレ、
過去の受験とかで面接がうまくいった感覚。。

さて、家に帰って
「なんであんなに面接がうまくいったのか」
を考察しました。

1か月前に同じ試験を受けた時には、
うまく話せなかったのです。

確かに、この1か月の間、筆記試験の勉強はしました。

ですが、面接対策としては、
試験前日にキーワードをピックアップして覚えたぐらい。

筆記は自信がないので、落ちても仕方ありませんが
面接は50点満点中、45点ぐらい取れた気がします。

じゃあ、なんで上手くいったの?

自分自身の気持ちを振り返ってみると...

前回は、すごくオドオドして、
面接官が攻撃的に見えたのです。

不安.jpg

今回は、言いたい事言えばいいや思えて、
面接官がフレンドリーに見えました。

試験前に
この試験に落ちたからと言って、死ぬわけでもない。
来年も受けたらいい。
と気楽になって、今回の面接に臨みました。

総合的に、不安が少なくなったのでしょう。

という事で、不安とチャクラの関係を考察しましいた。

チャクラとは、体の中にある7つのポイントです。
ヨガなどでよく聞くと思います。

LDMでは体は動かさず、イメージで対応します。

7つのチャクラに対して、
7種類の思考や体験に密接に関与しています。

その中には、
自分の生きる意味や必死でしてきた事なども含まれ
嫌な感情にもダイレクトに干渉するので、
私も最初の頃は、拒否感がめちゃくちゃありました。

同時期に受けていた人で、
トイレに吐きに行った人もいるぐらい。。

それぐらいイメージが体に及ぼす影響は強いのです。

さて、私は変にプライドの高い人間でしたので
「自分が頑張ってきたことが間違いとか認めたくない」
と思ってました。

しかし、LDMを学ぶ中で
何回もチャクラが通った感覚を味わうと...

自分が無意識のうちに溜めた感情に
自分自身が反応してしまい
見てみぬふりが出来なくなるのです。

日常生活で何回も傷口をつつかれるのが分かり
自分の中の「詰まり」に
向き合わないといけない状況になります。

いざ、向き合い、乗り越えてしまうと
血管の詰まりが取れて
血流がスムーズに流れるように感じます。

そうすると、
自分の意見が通りやすくなり、生活が楽になります。

私の「詰まり」の多くは
不安だったことにも気づけました。

不安がなくなると、
例えば自分と違う意見を聞いても
自分への否定とは捉えずに
すんなりと
「OK。君は、そういう意見なんだね。」
と言えるようになりました。

自分が大丈夫と思えるからこそ、
相手の意見も聞けるようになる。

これが「素直になる」という事か!!

前回の面接のときは、
「落ちる不安」が詰まりとなり

相手が聞きたい事も斜に構えて受け取ってしまい
自分の言いたい事もうまく言えず
面接の15分間が辛かったのでしょう。

ですが、今回は「素直」になる事で

相手の聞きたい事がそのまま分かり
自分の言いたい事もするすると言えるようになり
とっても楽に受け答えが出来ました。

よく「素直になれ」と言いますが、
「どうしたら素直になれるか」まで教えてくれません。

私は
「素直になれない原因に対応すればいいのではないか?」
と思います。

LDMを通して、安全な中で、
見えないようにしていた不安にまで
対応してきたからこそ今があり、

これからの人生でも沢山起こる不安に
対応していけれると、私は思います。
元気.jpg




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事