家族的シェアハウス

実は私、
1年以上シェアハウスを運営しています。

一般的な『自分の事は自分でするルール』
もできますが、
希望者には、ご飯に関しては
『家族的』に運営しています。

家庭的にとは、出来る人が善意でする感じ。

主に私が作って、みんなで食費を割る。

私と旦那さんが住んでいるので、

旦那さんの食事を作るから、
同時に人数分作ろうか?

と提案すると、
今住んでいる3人中2人は
喜んで受け入れてくれました。

ですので、今は私・旦那さん・同居人2名の
合計4名のご飯を作れるときは作っています。

そして、みんなが揃う時は
みんなで食卓を囲んでいます。

もちろん、
無理すると気持ちがマイナスになるので、
無理のない範囲で♪

プライベートを充実させたい人には、
無理に要求しませんので

私とその方の2人で台所をゆすり合うだけで済むので、私も楽です。

その他にも、私のメリットはあります。

・今まで出会えなかった人たちと深く知り合える
→自分の幅も、お客さまへの対応も広がる

・『料理を覚えたいから』
 『作ってくれたから洗いますよ』と
 手伝ってくれる人がいる
→善意かつ自分の為にと進んで行動してくれる
 想いに触れることができる。

・季節の行事を取り入れたり、
 料理のレパートリーが増えました
→将来家族が増えた時の予行練習に

・みんなで割るので食費が安くなる
→1日2~3食を1か月で20000~27000円
 (お弁当や食べる量に差があるので)

また、掃除も当番制ではなく、
みんながしたい時にしています。

私と旦那さんが共通部分を掃除したら、
すごくスッキリした空間になるので

他の人も方法を聞きに来て、自室を掃除してくれ
みんなで寮という空間を
清らかに保ってくれていて嬉しいのです。

私は、小学校の頃から
母親の代わりに家事をしていたので
家事に対して苦手意識がないんです。

主婦の方が『家事しか出来ない』と言いますが、
それをしてもらう事で
家族がどんだけ助かっているかを知っているので、
家事は人助けになると思っていました。

なので
『自分が自然とできる事をすればいい』

『感謝で世の中が廻る』
を証明したくて、
みんなを巻き込んでいるだけです。

ですが、生活を共有することで、
何気ないけど多くの事を知ることができ
世界が広がりました。

去年住んでいた人達からは
健康食品について知れたり、
リビングで人生ゲームに白熱したり(笑)

そのDNAが今居る人にも伝わっているんだな
と感じながら、
脈々と続く人との繋がりの中に
自分がいる事を改めて認識させてもらっています。

『血の繋がらない家族』ですが、
血の繋がる家族と同じぐらい、イイ距離感。

辛いことがあれば何でも相談にのって、
人が成長する機会を間近で見せてもらえる。

そのことで自分も成長しようという気持ちにさせてもらえる。

そう思うと、家族も他人も、

自分・もしくは相手が取りたい距離感が
見えているだけなんだろうな

と思いました。

この様に客観的に自分を見て
人との優しさに触れる機会
・人に優しくする機会を経験すると、

例え家に戻っても
家族からの支配を自分でコントロールでき、
少し気が楽になれそうですね。
家.jpg




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事