クリスマスを楽しめない時は...

こんばんは~、美穂です☆

クリスマスに用事はありませんが、
(旦那は24日朝に実家に帰る)

昨日・今日と2日かけて
大掃除を終わらせれて大満足!!

スッキリ(*>∇<)ノ----イ♪

なんとなく冬至(今年は12/22)までに
終わらせたかったんですよね☆

私が運営している寮は4LDKで、

12畳のリビングと
6畳のお部屋が4つあり

1名入っているお部屋以外は
全てきれいにしました♪

特にリビングは、

いつもセミナーなどで使っている
居心地いいお部屋なので

『今までありがとう☆
 これからもよろしくね♪』

と、念入りにお手入れ。

そうすることで、
自分の心も晴れていくのが
なんとなく分かる2日間でした。


さて、もうすぐクリスマスですが

皆さまどのように
お過ごしされますでしょうか?

3年前の私は、
イブも当日も急に残業で深夜になり...

その残業を頼んできた上司2人と
3人で、

生まれて初めて
天一に食べに行った事が

毎年思い出されます(笑)

初めて食べる人間に
こってりの破壊力はすさまじく
翌日は休日でよかったです。
(お昼まで動けませんでした)

そんな思い出の1つや2つありそうな
クリスマスですが、

クリスチャンじゃないのに
祝ってもいいのかな?

こんなはしゃぎ方は、
日本だけじゃない??

と、思われている方も
中にはいらっしゃるかもしれません。

でも、このはしゃぎっぷりは

かえって日本らしいな~

とも思いました。

もちろん、はしゃぎすぎて
周りに迷惑をかけてはいけません。

でも、『予祝』のようなもの?
と思えば、私は納得しました。

タイトルにも出てくる『予祝』とは
読んだまま『あらかじめ・いわう』こと

にもなり、
最近知られていきた言葉です。


クリスマス=キリストの生誕祭

とされますが、一説によると、

紀元前から行われていた
冬至祭に掛け合わせた

ともされています。

冬至と言えば、

柚子湯や南京を食べるなどの風習が

浸透しているほどポピュラーなものです。

さらに日照時間が一番短い日で、

それから先は
日照時間が長くなっていくことから

『太陽の誕生日』とも言われています。

お花見も実は『秋の収穫を先に祝う』

ような、お祭り好きの日本人なら

『来年もいい1年になれる!祝っとこ♪』

な感じで、
日本独特のクリスマスができたんじゃないかな?
と思いました。

なので、楽しんだもん勝ち!!

インドでは、クリスマスは祝わないけど
冬至のお祝いはするみたいですし。

そんな感じで
『自分が納得する理由を、好きにつけて』

能動的に、楽しみまっしょい♪

ってことで私も、雰囲気に乗っかって
一人で楽しむ気満々で~~す(笑)
太陽2.jpg




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事