女性性・男性性のQ&A 『誉めポイント・伝え方』

こんばんわ♪
美穂です^^

本日、35歳になりました~~
Happy♪ヾ|。・∀・。|ノ" Birthday♪

35年間も生きさせていただけて、感謝感激!!

そんな気持ちもあり、

セミナー受講生さん何人かからいただいた質問で

読者の皆様にも、
お役立ちいただけるイイなぁ

と思い、書き綴っていきま~す♪


Q:パートナーに受け入れてもらえる伝え方
  のアドバイスをくださ~い(´;Д;`)

  『誉めればイイ』と聞きますが、
  見つけ方・伝え方のポイントって
  イイのありますか?

A:女性性視点で探しても、
  見つかりにくい場合が多いので...(笑)

  男性性視点で探してみてください☆

  例えば...
  何か一つの事に熱中して、
  部屋が汚れていた時に

  『周りが見えていない』というのでなく

  『どこまですすんだぁ?』と聞いた方が

  部屋を片付けるに続く
  一手になると思います。


〇私が思っている
 女性性・男性性の視点の違い

人が持っている能力や力量を
体積とすると

男性性は高さ重視

女性性は面積重視

で能力を高めようとしているように思います。

なので、同じ体積でも、

男性性は高くなるように努め
(その反面、面積狭く)

女性性は広くなるように努め
(その反面、高さ低く)

それぞれの経験や生き方に
プライドを持っています。


なので... 正直言うと

仕事や家事で、同じことをしても

女性性視点(面積重視)では、
男性性の面積が気になり...

男性性視点(高さ重視)では、
女性性の高さが気になり...

自分視点だけでは、
なかなか誉めれないのでは
ないでしょうか?


〇誉めポイント

なので、まず

女性性は高さ(まっすぐ進もうとする力)

男性性は広がり(周りを繋げようとする力)

に視点を置いてみるのは、どうでしょう?

例えば...

高度成長期は
モノを生み出す事が国の豊かさに直結したので

男性性メインの社会構造となりました。

なので、
『男性性をうまく活かす=優秀』
と思うような教育だったと思います。

それに対して、専業主婦が比較された
経緯はあったと思いますが...

少し考えてください。

お母さんって、すごいですよね?

一人暮らししたり
『母親業務』を経験すると分かると思いますが

広い視野で物事を見て、判断して
いろんな対応力をつけて行動している。。

あるサイトでは
『専業主婦の仕事は年収1000万円以上』

と言いますが、
その本当の価値は計り知れません!!


そんな女性性・男性性
それぞれのスゴイところを

皆さんも両方持っているんです。

そう、女性性も男性性も
一人の人間の中に存在するのです。

今回は、LDMでお伝えしている
ほ~~~んの少しを書きますが...

本当は皆さまの内側は知っているのです。
ぜひ、意識してみてくださいね♪


①人生を運ぶ感覚
女性性
:繋がりを感じ取ろうとし、一体感の中に
 いると安心して、分かち合う
男性性
:目標を設定し、達成することを通し
 自分の能力への確信を強める

②コミュニケーション
女性性
感情に言葉をのせる・理解されたい
 状況を説明しようとする
男性性
:理性で言葉を理解しようとする
 状況を分析しようとする

③サポートの傾向
 (本当は自分がそうされたい)
女性性
:愛する・気にかける
 目の前の相手に尽くそうとする
男性性
:認める・そっとしておく
 求められた時に救いの手を差し伸べる

④恋愛を通した成長のカギ
女性性
:愛を招き、受け入れる
 与えなければ愛されないという事の恐れから
 相手の愛を受け入れる悦びへの成長
男性性
:愛を与え、自分以外の存在のために生きる
 自分の目的を遂げることが中心の世界観から
 他人の欲求を理解し満たす役割への成長

是非、お互いの理解に使用してくださいね。


〇伝え方の具体例
(セリフでの女性性は♀男性性は♂

(1)女性性は愛されてないと感じると
 過去の話題を持ち出す

♀:ぷぅ~~~٩(๑`^´๑)۶

 あの時もこんな風に感じて嫌だった。
 (今回も同じ事で怒っているの!!)

♂:今、そんなこと言われても( ・ὢ・ )
 (男性性は前しか見てないので、
 過去の事を言われると、ちょっと...)

原因
女性性は今『愛されていない』と感じると
 安心できないから...
 安心したい(共感してもらいたい)ため、
 感情の理解を具体的に表す方法として
 過去の不満をぶつける。

対策
:こうなっている時に女性性に
 『大人になれ』って言っても火に油です。
 なぜなら、女性性の
 感情を理解してもらいたい気持ちを
 否定されたと思って、悲しみます。

 ここは、男性性が大人になってあげて下さい。

 そして、女性性からの信頼を獲得して
 『女性性を安心させれるイイ男性性』
 として、相思相愛になってください。

♂:そうだったんだね。

 (昔の俺は)悪かったね。。

 (♀のためになると信じて)
 話聞くよ。

 ※この3言を心から言ってくれるだけで
  女性性は安心を感じます。
  女性性は優しさをしっかり感じてください。


(2)男性性が強い女性×女性性が強い男性

女性:先を考えたら、こっちの方がイイよね?
   なんでこんなことも分からないの?

男性
:(言ってることは正しいけど...)
   僕の意見も聞いてよ!!

原因
:過去の経験で男性性が鍛えられた女性は
 本当は女性性を守るために頑張ってきました。

 それに対して「女性を守りたい」という
 生身の男性が、女性自身が持っている
 男性性より、自分の事を思ってくれないと
 不満に思うことが多いのです。

対策
:女性は『乗り越えてきた経験』から
 素晴らしい男性性を身につけました。
 それと同時に、乗り越える大変さも
 経験したことでしょう。。
 その経験を、これから男性が行うのです。
 大変さが分かるからこそ、それに至った
 気持ちを評価してあげてください。

♀:頑張ってくれて、ありがとう。

  (どうしても言いたいなら)
  あなたの体調が気になったりしたら
  私から声かけてしまうことがあるけど
  それでもいい?

※男性は女性からの意見を
 自分が進むのを止める足枷と思わず、
 『俺のために...』と思ってもらう事で
 意見を受け取ってくれる確立が上がります。

男女5.jpeg





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事