男が女を欲すると女になり、女が男を欲すると男になる時代

仕事に疲れた男性が、
一人暮らしをしている家に帰ってきました。

『あ~~、嫁さんほしいなぁ』
とか言いつつ、家事するわけですよ。

しかも、仕事ができるイケてる男性は
こだわりがある分、女性性を発揮して
女性より家事できてしまう人もいるかも。。


『将来、楽しい家庭を築くために』
と頑張る女性が、身を粉にして働いていると

優秀かつ我慢強いから、成果が出ても
陰口をたたかれたり。。

または、
『年収がいい男をゲットするために、
 自分も年収良くないと...』
と考えたりるす場合。。


でも、振り返ってみてください。
こんな事って、意外とありませんか?

人に頼るより自分でできることが優秀
と育てられたり、

人に頼るのが怖い

人に説明するより、自分でした方が早い
という考えを持っていると、
どうしてもそうなります。

自分一人でかなりの事ができる時代だからこそ
それが当たり前になってしまうでしょう。

マスク.jpg

でも、その行動って
男性は自分の男性性を
女性は自分の女性性を
癒せてあげれてますか?


『じゃあ、どうしろって?』
という質問に、ズバッとお答えしましょう!!

外側(家事・お金)を満たすより
内側(自分の男性性・女性性)をまず、
満たしてあげてください。

男性の場合
人に気を使いすぎていると疲れてくるので、
『男になりきる』といいと思います。

例えば、
・人生の目的やロマンに想いをはせて、自分に酔う
・細かい事を考えず、積極的に行動してみる
・恐れと向き合い、限界に挑戦する
などなど

女性の場合
人に与えすぎていると疲れてくるので
『女になりきる』といいと思います。

例えば、
・自分らしいおしゃれを楽しむ
・パートナーに素直に思いっきり甘える
・自分が素敵と感じる時間を持つ
などなど


周りの方は、普段そうしない男性・女性が
上記の事をしていたら、

癒しているんだ...
と見守ってあげてください。

もし、周りが協力して、
下記のように支えてくれたら
疲れている本人は、チョー助かります✨✨

男性性を支える場合
・その人を信頼し、頼りにする
・その人がふさぎ込んだり、
 殻に閉じこもっていたら
 必要以上に心配しない。
・その人が自分の失敗を謝ったときに
 愛情をこめて受け入れる

女性性を支える場合
・安心感を与える
・経済状況に自信と確信を持ってもらう
・今の感情や想いを、ただ受け止め理解する
 (答えや解決方法は聞かれた時にだけ言う)

本当に、人間はひとりで思い悩んでいると
無理しちゃう生き物なのです。

大切な人が辛そうなら、

自分が落ち込んで誰かに慰めてもらいたかったら

この記事を思い出して、使ってもらえると幸いです。




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事