『LDMのここが凄い!』その3

『LDMのここが凄い!』シリーズ第三弾
【その1】
【その2】はこちらから



【その3】
『今の自分』と『理想の自分』を一体化


【その2】で
LDMでは『快い理想の自分』を導きやすい事を説明しました。


今回は、
その『快い理想の自分』と『今の自分』を一体化してしまおう
という事です。



通常は、
目標となる『理想の自分』を時間軸の先において

そこから現在までを逆算し、小さな目標を立て、

その目標を達成するために日々努力していきます。



LDMではどうするかというと、

『今の自分』と『理想の自分』を一体化することで、

マインドが既に『理想の自分』となってしまいます。

そして、日々の目標を叶えていくのです。



この2つの最大の違いは、

実際に行動している時のマインドです。

①今から先を目指す

 か 

②先から今を俯瞰する

の違いになってきます。

(計画としてはどちらも『先から今を俯瞰する』です)

その時の気持ちを想像してみると、


-1 今から『理想的な』先を目指す
 →今は『理想的な』状態じゃない
 →今は理想の自分じゃない

自信がない人はもしかしたら
『今の自分は価値が低い』
とまで感じてしまうかもしれません。

そうなると、本当は心が苦しいのではないでしょうか?



-2 目標を叶えないといけない
 →不自由(自分の為なんだけど...)

  脳は窮屈に感じると『快・不快』の『不快』を感じて、
  逃げ出したくなるようです。

  
小学生が夏休みの宿題しないようなものです。


それに対して、
-1 『理想の自分』から今を見る
   →既になっているので心が穏やか
   
→ピンチも冷静に対応できる
   →目標達成しやすくなる

-2 視点が高くなると、自分が選べるようになり、
   『不快』を感じにくくなります。

   
大人の気持ちで、
   小学生の夏休みの宿題を仕上げるようなものです。



実際に私も体験して、気持ちの苦しさが違うなと思いました。

振り返ると、
先日のメンタルケア心理専門士の学科試験にむけては①の状態で、

18歳の時の大学受験を②の状態で
臨んでいました。


未知のモノへの恐怖があると、
人は先が見えない不安で①になってしまいがちです。

私もLDMを学んで②の方が叶いやすい事を知っていたのに、

目標が高い不安から『叶っている自分』が想像できなくて
①の状態でした。

勉強している最中、かなり苦しくて、

勉強から目を背けることもしばしばありました。

それに対して、大学試験の頃は、
自然と②が出来ていました

『この大学に行く!
 寮に入って、友達作って楽しく暮らして
 部活はコレ!全国大会にも行く。
 将来はこの研究室に行く!

そう決めて、大学生活なども想像し、
既にそうなっている気持ちだったのでしょう。

粛々と日々の家事をこなしながら勉強し
無事に大学に受かりました。

小さい頃からやる事が多かった私は
自然と鍛えられ、

既に『効率のいい叶え方』を知っていたのだと思います。

(社会に出て『みんなと一緒にならなきゃ』
 と枠にはまろうとして、なんとなく崩れていきました)


なので、私の実感からも
②はかなり効率よく目標達成できるツールだと思います。

②は不安が少ない状態の方が活用しやすいので

【その2】で紹介した『快』を使い慣れてくると

自然とできるようになります。



では皆さんは、

①今から先を目指す

 か 

②先から今を俯瞰する

どちらのマインドで目標達成や日常を過ごしていきたいでしょう?

選択.jpg






無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事