妻から信頼を絶たれると、夫は死にかける。

疑い深い左脳蠍座な私でも、
納得できる理論が出来ました(笑)

これを知っていれば
『旦那に愛されていいるのだろうか?』
と心配する女性は減るのではないでしょうか?

愛情や信頼のエネルギーがなくなると
人間ってこんなに変わるんです。

<仮定>
夫婦の場合、

妻が、地球と繋がったり自家発電している家であり
コンセントを経由して、夫にエネルギーを与える。

夫は、家電や電気自動車のようにプラグをさして
妻からエネルギーをもらい、自分自身の力にして
世の中に形にしていく。

妻からはエネルギー量を操作することができ、

旦那はもらうかもらわないか(プラグを刺すか抜くか)を
選べれるのだと思います。


<実験>
ある日
お酒の席での私の発言が
旦那にとって気に入らなかったようで
喧嘩になって

旦那が
『もう我慢できない!! 別れるっ!!』
というので

私も
『3年半、旦那は私の何を見てきたんだろう?
 それに気づかない、小さい男だったのか...』

と、呆れてしまい

私から旦那に伸びている、
エネルギーのホースをキュッと絞めるようなイメージで、
信頼を絶ちました。

すると翌日、
ぐったりしている旦那を見て

いつもの熱中症と思い
手当していても、治らない。

お昼を食べても治らない。。

そんなにお酒を飲んでないし、
ここまでひどい二日酔いも見たことないしな...

と考えていると、

あ、私がエネルギー供給を止めたからだ!!

と気づきました。

そこで、信頼を元に戻すべく
私の気持ちを整えて、旦那に接していきます。
旦那が機嫌悪くなるきっかけを
作ったことも謝りました。

すると、旦那は話せる程度に回復しました。

でも、なかなか元に戻らないなぁ
あ、旦那が自らコンセントを抜いたからだ。

と気づいて、
エネルギー供給のコンセントとプラグの話をして

旦那自身が心のプラグをコンセントに刺さないと
戻らないよ。

納得した旦那は、私に謝ってくれて
そして少しずつ回復していきました。

旦那は、本当に死んでしまいそうなほど苦しかったようです。

後で聞くと
私と出会う前の、燻っていた自分に戻ってしまった。
今の状態だと医学部に通うことはできない...
とさえ思っていたようです。

さらに、私と出会うことで
日常的に信頼とエネルギーをもらっていた事に
気づいてくれて、感謝してくれました。

そして、その30分後には車を運転できるまで
回復していました。


<考察>
では、私と出会う前は旦那はどうしていたのでしょう?

多分、旦那自身の女性性と、環境と、母親から
エネルギーをもらっていたのでしょう。

ですが、そのバッテリーの量は小さかったと思います。

出会う前の旦那は、
例えば、電気シェーバーだったとします。

私と出会い、安定した電源を手に入れました。

医学部に行きたい』と自分の方向性を確立させたことは
『ただの家電ではなくて、エアコンになる』
と進化したようなもの。

私も普通のコンセントから、電圧は変わらなくても
100Vエアコン用のコンセントに進化しました。

さらに、私自身がグラウンディング出来て、電力もUP

そして旦那は、医学部に合格して自信をつけ
自分でビジネスを考えて行動する中で
200Vの大容量エアコンに進化していきます。

ですが、エネルギー供給が絶たれ、コンセントも抜けると
電源は、電気シェーバーのバッテリーだけ。

昔の電源では動かせれないほど
旦那は進化してたし、私も成長していたのです。


<結論>
旦那の衰弱ぶり・回復ぶりをみて、
エネルギー供給は人の命に係わる問題なんだと思いました。

妻に先立たれた夫の大半が、2年以内になくなるようです。

愛情や信頼は目に見えませんが、
人間には必要なものなのでしょう。


女性は優しいから、喧嘩などして
エネルギー供給を絶ったつもりでも
3割ほどは常に与えていると思います。

夫はそれに気づき、妻に感謝した方が
さらに電力が上昇し、
ご自身を成長させることに繋がりそうだな
と、改めて思いました。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事