お互いの壁を乗り越え、手を取り合うまで⑦

過去記事はこちらから

お互いの壁を乗り越え、手を取り合うまで①
お互いの壁を乗り越え、手を取り合うまで②
お互いの壁を乗り越え、手を取り合うまで③
お互いの壁を乗り越え、手を取り合うまで④
お互いの壁を乗り越え、手を取り合うまで⑤
お互いの壁を乗り越え、手を取り合うまで⑥

旦那がなくても生きていける=0地点

自分の人生を、自分でしっかり満たす

が、第1チャクラのグラウンディングになったのです。


これが、女性の無限大のエネルギーに直結していて
私は、すごい自信をつけれました。

いや、『自信がなくても、生きていける』と
肚が座った状態になりました。

その後に、前回の記事のように旦那から電話があり

私は体調不良で倒れていたので、
テスト前にも関わらず、旦那が急いで我が家に来てくれました。


今まででしたら、
『体調不良で倒れている私を罵倒する、ダメな旦那』
と評価していたでしょうが

その時は『来ないのが当たり前』なので
『来てくれるんだ、ありがとう』と思えるようになったのです。

でもその日は、お昼からシンクロ倶楽部があったので

旦那が来てくれてすぐ、私は出発。。


その日の、シンクロ倶楽部はちょうど、チャクラのお話だったので

『この全能感は、第1チャクラが安定したからか~~』

と改めて、納得できました。

今まで、第1チャクラが安定したことは何度もありましたが
その中でも最大の安定感でした。


そして、すごい対談も現場で聞けました。

古賀 ちひろ×山本 博己×堀内 恭隆
「女性性・男性性と白魔女のパートナーシップ」



この対談では、旦那が言っても信じれなかった部分を

男性からの意見として、山本さんと堀内さんが言ってくれたので

理解しやすかったです。


私は途中、お坊ちゃまの相手をさせてもらって聞けなかった分

家に帰って旦那と一緒に見たほうがいいな、と思いました。

それがさらに、効果を奏しました。


この日は女性性・男性性に対して、
自分で考え(骨格)
実体験を聞き(肉付けし)
旦那と話し合う(生き物になる)ことで

自分の中で、しっかりと定着してくれたようです。


さらにこの土日で学んで、実戦できたこと。

1) 周りの環境はいろいろあるが、誰でも『幸せになれる』

2) 男性は、この人と思った女性と精神的に繋がっていると
 無限大のパワーを得られる。

3) 女性は機嫌よくいれば、男性は満足。


これから『何かに惹かれて付き合うカップル』が増えると
上記の1)~3)は、スタンダードになっていくような気がします。

さらに
、旦那の男性性を見ていて思ったことは

4) 絶対値を10とし、男性の精神状態を数字で表すと
 繋がっていない時-5~+5
 繋がっている時 0~+10
 これぐらい男性の精神的に違う。

5) 『女性には笑顔でいてほしい』と思う反面、
 笑顔じゃないと、自分の無能感を感じてしまう。
 それが、
 低次元の男性性だと、不機嫌やDVに
 高次元の男性性だと、問題解決に働きかける

男女共に、成長が必要なんですね~~。


女性性の成長では、旦那のほうが一日の長がありました。

旦那は、ご実家での育て方と本人の努力で、
高次元の女性性を獲得できたと思います。

しかし私は、自我が芽生える事から
自分の男性性だけが頼りで生きてきたので
(男性性はかなり上がりました)

その男性性が、『怖がる女性性』を外に出さずにおいたのです。

女性性も
『自分の男性性と同レベルの男性じゃないと、私をさらけ出せない』
と思っていました。

でも、
そんな男性、この世の0.000001%もいないんですよね(笑)

だから、自分が経験したことではない
未知の世界に飛び込まないといけなかった。

私からしたら、未知の世界なので、かなりの恐怖でした。

でも、その反面、一度経験したら
無から自分で作ったので、ものすごいエネルギーと安心感を感じれました。

多分、過去からの『負の連鎖』を断ち切ったのでしょう。


でも、この感覚は、気づくまえから持っていたと思います。

割合が変わっただけかな?Before1%→After80%みたいな。

人は自分が持っているものでも、意識の割合が低いものには
標準を合わせにくいんだと思います。

だから、誰でも持っている感覚なので
コツの掴み方は、人それぞれですが(自分なりのやり方がある)

『できない』と思ってても『誰でもできる』から、大丈夫!



最後に、
ここにたどり着くまで、身近な方々に心配やご迷惑をおかけしました。

今までは
『なんで旦那ばっかり私に迷惑かけて、旦那だけが周りに称賛されるの?』
と不満に思っていましたが、

自分が成長するときに人に迷惑をかけたので、
人が成長する時に、人に迷惑かけるのは、仕方ないんだなと思いました。

特に旦那に、一番迷惑かけたと思います。
迷惑をかけるという形で、甘えていたんだと思います。

でも、自分が必至な時は、人に甘えたいもの。
旦那も医学部受験で、私や周りに甘えてきてたから、おあいこです(笑)

お互いがなりたい姿になるために、信頼を得るために必要だったと思います。

今はやっと、お互いの壁を乗り越え、手を取り合えるようになりました。




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事