本当に伝えたい場合、怒りの奥を言うと伝わりやすい。

家でのピリピリした空気を解消するために、

私は男性とお義母さんの間に入り

『本当はこう言いたかったのです』と

男性の本音を、お義母さんの心に入るように言い換え

また、お義母さんの本音を男性の心に入るように言い換えて

お互いが納得するまで話し合いました。

元々実家でしていた事なので私にとって、この翻訳は慣れたものでした。

しかし『どうして、本当の事を言われて怒るんだろう?』と思っていました。


その疑問の答えは、彼との検証(ケンカ)で分かったのです。

『人間は理性より感情で動くから』

人は怒りの感情を少しでも感じると、耳を傾けたくなくなるらしいです。


確かに、私も相手の本音が

私の思考を通した後に受け入れられない内容だった場合、

私も攻撃的になっていました。


思考は本人にとって無意識で行っている場合があるので

相手の本音が私にとって不都合と思考が判断した時に

『相手の本音=私への攻撃』と感じ取り、怒りになるのです。


その状態で私から発した言葉には、

『相手を正そうという自分勝手な思い』と『怒りの感情』が付随しているため

相手もそれらに反応し、感情的になり、話がまとまらない事が多々ありました。


自分の気持ちをしっかり感じるときには、怒りの感情は大事です。

喜怒哀楽の喜と楽はよくて、
怒と哀は感じる事はダメなんて、おかしいと思います。


ですが、さらに奥に踏みこんで、怒りの奥の第1感情まで目を向けてください。

実は、怒りを伝えるのは得策ではなく
怒りの奥の感情を言った方が相手には素直に伝わります。

自分の怒りの感情が、相手の素直さを奪ってる可能性もあるという事です。



また、相手の本音と相手の怒りを切り離して考えないと、


堂々巡りの喧嘩になってしまいます。

現状の言葉や感情―怒り―自分のフィルターや感情=相手の本音(相手の思考も含む)


これをしっかりすることで、フラットな状態で考えるようになり
自分が安定し、傷つきにくくなります。


この本音の部分を、LDMではさらに深堀していきます。



一方で、翻訳(人の想いを相手に伝わりやすい言葉に言い換える)では

私の感情が入らないので、上手くいくことが多かったです。


この翻訳とLDMで、彼の医学部受験のメンタルケアと面接対策を手伝っていました。






無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事