『いや、分からないから本物でしょ』っとサラッと答えられるとき、あなたはあなたを掴んでいる。

Fotolia_34610341_XS.jpg


『 あなたは、何のためにいまの活動しているんですか? 』

『 あなたのミッションやビジョンは何ですか? 』

と聞かれて、答えることはできますか?


" 答えられる " というあなたは、ヌルい。

いや、あなたは自分のことなんて全然分かってない。


自分の活動を、自分で把握できるサイズにしてるから。

他人にも、自分にも、説明できる枠組みで生きようとしているから。


ブログで「ミッション」というテーマはつくってはいます。
セミナーで伝えることもあります。

でも、同時にそれそのものを把握できるときなんて
来ないんじゃないのか?そう考えてます。


分かるとしたら、いま感じている想いや感覚。


そして、その想いや感覚の瞬間には意味などないはずで
意味を求めたときから、ある種のウソになるのでは?
僕はそう捉えているのです。


意味を分かるということは、頭で理解しているということ。

その処理の間、すでに瞬間からはズレています。
想いや感覚の鼓動とズレています。


言い方を変えると、理解できるものなんて本物ではない。

頭の枠に落とし込める程度にサイズを小さくしたものだから。


僕にも、人生の中で何度か

" いま、飛び込まないといけない。なぜか分からないけど "

そう思った瞬間があります。


そして飛び込んだとき、必ず自分の予想を超えた展開が待っていました。
それも、いい意味で。


僕らの活動は日々の積み重ねで、瞬間瞬間の積み重ねで
そのとき動きと共にあるならば、意味なんてないはずなんです。


つまり、僕らは意味などない動きの連続性のなかに生きているってことなんです。


そして、常に " いま " が突きつけられているのであれば
意味などない未知に飛び込めるのか?


それは " いま " もそうだし、明日も明後日も、1年後も10年後も・・
一生そうだということです。


あなたが、「何のために、それやってるんですか?」って聞かれたら


『いや、分からないから本物でしょ』っとサラッと答えられるとき
あなたは意味を掴んでいます。


それは、あなたを掴んでいるということです。


それは、あなたの瞬間の鼓動と、世界が同じであるということであり
あなた自身と、それを含む全てのために存在しているという "意味" を
生きていることになるのです。




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事