こうすれば、世界に居場所をつくれます。

Fotolia_56426834_XS.jpg


十代、二十代の頃、"まとも" にできない自分
"みんなと同じ"ようにできない自分がすごく嫌で悩みの種でした。


社会人になっても変わらず、

・片付けが、まったくできず
・空気がよめず(読めていないことに気づいていない)
・集中できず(ひとつのことが5分続かない。)
・机に5分も座って静かにしようとすると、全身がザワザワして耐えられない
・周りが慌ててるのに、ぼーーっとして他人事みたいにいる
・あまり人の話を聞いてない(興味がない話に付き合えない)
・とんでもないレベルの忘れものをする
・期限を守れない。どころか、すっかり忘れている。


といった人間で、それはどんなに努力しても変わりませんでした。


周りの大人はそんな僕を見ていて不安になったのでしょう。
あらゆる手を使って僕を矯正しようとしました。


結局は、大人たちのあらゆる努力は徒労に終わりました。
治そうとも無理でしたし、いまでも無理だと感じています。


その頃には、自分が安心していることができる居場所が
どこにもない感覚のなかに生きていました。


僕が大人になり自由になったいま『自分の居場所』を
自由につくれるようになりました。


『周りに合わせよう』『世の中一般のまともに合わせよう』
ということをやめたからです。


他者の世界観や価値観に合わせて生きることをやめたとき
孤独な感覚に陥るかもしれません。

が、小さな自分の居場所をつくることができます。
その居場所を少しずつ大きくしていくのです。


『自分はこういう人間だから』

ということを周りに少しずつ伝えていくのです。
そして、そのようなあなたに必ず魅力を感じる人が表れます。



普通とズレている分、それは個性で
普通とズレている分、それは世の中にない才能

であるということです。


僕は、自分を変えることなく
自分のいる世界を変えることで、それを実現してきました。


いまは周りに無理に合わせずとも
自分なりの考え方や価値観などを
ブログやソーシャルネットワークなどで共有することで
同じような状況にいる方に呼びかけたり繋がることができるのです。


同じような価値観、考え方感覚の仲間が集ったとき
コミュニティや小さな世界ができています。


その世界は、もともとはあなたの感覚から始まった世界です。
あなたが無理に他者に合わせる必要のない、あなた本来の感覚で
生きることができる世界です。


いま、自分を諦めかけている方、諦める必要はありません。


必ず、『あなたらしく』生きていけるやり方は創造し
生み出すことができますから。


その鍵は、あなたの感覚や感性を分かち合うこと。
同じような世界を探している方に呼びかけること。


僕が居場所をつくれたように
ひとりひとりが居場所をつくれるということを、確信しています。


つまり、ライフ・デザイン=人生はデザインできるということです。




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事