第5チャクラ②:僕らが振動・鼓動そのものとなっている時には、世界を振動させている。

Fotolia_56359581_XS.jpg


喉にある第5チャクラは表現と関係してきます。

僕らが、そのときどきで湧いてきている感覚や想いを
素直にそのまま表現したときには
僕ら自身が "感覚や想いそのもの" となっています。


僕らが、感覚や想いを素直に表現できないときには、
どこか躊躇が生まれています。


僕らが、感じている感覚や想いを素直にそのまま表現できないときには
外側の世界に出したときになにが起きるか分からないという
恐れを感じているのです。


『 こんなこと言っても大丈夫なのかな? 』
『 嫌われないかな? 』
『 誰かを傷つけてしまわないかな? 』
『 嫉妬されないかな? 』
『 常識はずれと思われないかな? 』
『 馬鹿にされないのかな? 』
『 いやいやもっと慎重に考えないと・・ 』


こういった第5チャクラへの制限がかかればかかるほど
僕らのいる世界は閉塞感のある世界になっていきます。


そして、僕らが自分の内なる想いを表現できていないときには
欲求不満と満たされない何かを僕らは感じてしまうのです。


それは、世界に僕ら自身を理解されていないという感覚。

世界に受け入れてもらっていない感覚。

世界に認められていない感覚。


この感覚があればあるほど、僕らは『認めて欲しい!』という
想いに支配されるようになります。


そして、そのスタートは、自分の本音や湧いてきている感覚や衝動に
素直に生きていないから起きているのです。


僕らが、『認めて欲しい!』という想いに支配されているときには
その原因を外側に求めます。


両親、家族、夫、妻、子ども、上司、部下、友人、社会、
世の中・・・


または、形あるもので求めるようになっていきます。


知識、実績、人望、権力、賞賛、ブランド、年収、肩書、
体系、ファッション・・


でも、そのような形あるもの、外側にあるものは
全て "記号" なんです。


僕らは、"記号" をいくら認められても褒められても
嬉しいという実感は湧いてこないのです。


どこかでそれを "本当は自分じゃない" と分かっているからです。
"本当は自分じゃない" ものをいくら認められても褒めれても
心の奥にある、"それ" に触れてもらっている実感など
得ることはできないのです。


"それ" に触れてもらっている実感を得るためには、
"それ" を世界に出すということなんです。


世界に"それ" を表現するということなんです。


あなたが表現したい "それ" は、必ず内側から湧いてきます。
そして、それを自由に表現しているときにはあなたは
"それそのもの" とひとつになり、"それそのもの" の振動・鼓動と
なっています。


僕らが"それそのもの" の振動・鼓動となっている時には
世界を振動させています。


そして、"それそのもの" の振動・鼓動を世界に受け止めて
もらったときに、始めて "それ" を受け止めてもらったと
実感できるんです。


喉にある第5チャクラは表現と関係してきます。


その表現とは、内側にあるものを外側の世界に
アウトプットするということです。


そして、僕らの内側にあるものがこの世界に表れるほど
この世界は彩り豊かになり、同時に生きている実感をも
その世界で得られるようになるのです。









無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事