第4チャクラ①:あらゆる繋がりを感じ、世界から愛されていることを実感できる。

Fotolia_67222814_XS.jpg


胸の真ん中に位置する第4チャクラは、"繋ぐ"ということに関係します。


その鍵は、オープンになるということです。


僕らが孤独を感じている時、世界から取り残されていることを感じている時
僕らは自分を世界から閉ざしています。


愛を感じられない、誰も愛してくれないと感じている時に
僕らは自分を周りから閉ざしています。


周りに対して

『あなたが◯◯してくれたら、開くよ』
『あなたが◯◯してくれないから、閉じています』

という状態にあるとき僕らは繋がりを感じることができません。


それは、こちらから閉ざしているからです。


繋がりとは、お互いに開いているときに感じる感覚です。

そして、こちらが閉ざしている限りは感じることができない感覚です。


自分を閉じたまま愛を求めても、どこにも見つけることはできません。


それはどこにいても、繋がる感覚を得られないからです。


第4チャクラは、ハートチャクラと呼ばれます。
つまり、ハートをオープンにすることが第4チャクラの鍵になるということです。


条件なしに、何かを求める前にまず世界に対してオープンになる。

世界が自分を受け入れてくれない。
誰も受け入れてくれないと閉じこもっているときには
ますます孤独が増していきます。


もし、目の前にいる人があなたを警戒して
心を閉ざして、なかなか信用してくれない・・・
となったときには、やはりこちらもなかなか心を開けなくなっていきます。


もし、目の前にいる人が、オープンで一緒にいることを
歓迎して喜んでくれていることを感じたときのほうが
こちらも、心を開きやすくなってきます。


世界も同じです。
僕らが周りの人に対して、世界に対してオープンであればあるほど
世界もオープンでいてくれる。


その時から僕らはあらゆる繋がりを感じる扉を開くことになり
世界にいつでも愛されているということを実感できるようになるでしょう。









無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事