あなたの魅力が開くカギ ─ それは、"自分を好きになること"をやめること

Fotolia_11471668_XS.jpg

「幸せになるために、いまの状況を変化させる」
「在りたい自分になるために、目標設定をする」


・・など、かつては僕も目標設定をして努力して
達成してもまた次の目標をたてて...といったことを繰り返してきました。


さらにはセッションを始めてからは、収入、夫婦関係
ビジョンや目標などなど様々な方の悩みを聞いてきました。


あるとき、クライアントが目標設定をする動機を掘り下げているときに
気づいたことがあります。


かなりの方が目標設定する動機の奥にあるものは

「今のままの、ありのままの私では足りない、ダメだ」
「これができれば好きになれそう」
「こういう自分だったら好きでいられるはずだ」

といった本音でした。


さらに言うのであれば、その奥には
"自分を好きになりたい"というさらなる本音が隠されていることが多いのです。



はっきり言うと、これは努力の方向性が間違っています。

もし、僕らが自分を好きになるために何かをやっているとするならば
本当はやる必要のない部分に力を入れてしまうことが増えていくからです。



例えば、ある人が「年収1000万円を達成する」という
目標設定をしたとします。


その奥には、"いまの年収の自分が好きでない"という本音が
あるとしたらどうでしょう?

その場合、仮に年収1000万円を実現したとして
どれだけの幸せを実感できるでしょう?



一生懸命ダイエットや"モテメイク"を追求している方がいたとします。

その奥には、"いまのままの自分が嫌い"という本音が
あるとしたらどうでしょう?

そのために、ダイエットや、ブランドやメイクの勉強を頑張り
その結果、理想的な美しいスタイルを手に入れたとします。


でも、"いまのままでの自分が嫌い" が解消できていないとすると、どうでしょう?

その自信って、なにかのきっかけで脆くも崩れ去るかもしれません。

"いまのままでの自分が嫌い" が解消できていない状態で
愛する彼にスッピンの姿を晒すことはできそうでしょうか?



つまり、僕らが "好きな自分になる"  ために

エネルギーを注いでいるうちは、心から満たされることはないのです。

だから、ほぼすべての"自分を好きになるための努力" は
幸せには繋がりにくい、ということになるのです。



そしてもし、僕らが"自分を好きになるための努力" をやめればやめるほど
それがいまのあなたをまるごと愛するということに繋がっていきます。

いまのあなたをまるごと愛すれば愛するほど
それはあなたを100%使いきることに繋がっていきます



「馴れ馴れしい自分」が嫌いな人がいたとします。
別の見方をすると「人に軽やかに話しかけられる自分」です。

その部分を好きになるということは
「人に軽やかに話しかけられる自分」という魅力が開花することに繋がります。


「優しい、気が弱い自分」が嫌いな人がいたとします。
別の見方をすると「柔らかく接することができる自分」です。

その部分を好きになるということは
「柔らかく接することができる自分」という魅力が開花することに繋がります。



あなたがいまのままのあなたを好きになればなる程に
本来もっている魅力が開花していくことになるのです。

それこそが、あなたの魅力が開く秘訣です。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事