第1チャクラ③:"自分と触れるもの"を大切にすると、現実は豊かになっていく

Fotolia_58628084_XS.png


第1チャクラは、現実との繋がりと関係します。


といっても、なかなかチャクラを日常で意識することって難しいですよね。

そもそも、チャクラを直接見たり、触ったりしたことある!という方は
ほとんどいないですよね(笑)


いろいろと追求した結果、第1チャクラについては
" 自分と触れるもの " を意識していくことで整っていくことが分かってきました。


それは、" 自分と触れるもの " が気持ちいいものかどうかを
大切にするということです。


身の回りで身につけているもの、小物、洋服、触れ合っている人、
手触り、身体の感覚、空気、水、身体に取り入れるもの・・


これら" 自分と触れるもの " がしっくり来ないものは手放していき、
気持ちいいと感じるものでどんどん満たしていくことです。

そうすると、結果的に第1チャクラは整っていきます。


これは皮膚感覚だったり、身体感覚を大切にするということです。


そして、自分に触れるものを大切にするということ・・
僕らは自分にこんなメッセージを与えてあげるということになるのです。

『 私は、あなたのことを大切にしていますよ。 』


つまり僕らが自分に触れるものを大切にするこということは
自分を大切にするということでもあるのです。


『私は、あなたのことを大切にしていますよ。』というメッセージを
日々、受け取れるようになるということです。


この世界のなかで自分ともっとも付き合いが長くともに過ごす存在から
いつも大切にされていると感じるということです。


それは、安らぎや安心感の土台となっていきます。

僕らが生きることへ漠然とした不安を感じている時には
自分を取り巻く世界を不安に感じています。

自分を取り巻く世界へ不安を感じれば感じるほどに人生は "不安への備え" が
中心となっていきます。


これは、生きる土台が不安定になり、さらなる不安に繋がる
悪循環のスパイラルに入ってしまうということです。


僕らが温もりや優しさ、居心地のよさを肌感覚で感じることが
できているということは、それは心の平穏や安心感に繋がっていくと
いうことで、それは人生全般の安定感に繋がっていくのです。


ですから、" 自分と触れるもの " を意識する。
肌感覚を大切にする。それは、自分のことを大切にするということ。


僕らは、現実との繋がりを五感覚を通じ感じています。

自分に触れるものを大切にするということは、
五感覚から入ってくる情報が自分にとって居心地のいいものに繋がってくるということ。

それは、現実世界が居心地のいいものとイコールであるということなのです。


第1チャクラとは、現実との繋がりと関係してきますが
変にチャクラを意識するよりも
" 自分と触れるもの " を意識した方が 整いやすくなるということは
そういうことなのです。









無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事