下層部のチャクラは、"現実世界を生きる"ということに関係する

Fotolia_38678596_XS.jpg


下層部にあるチャクラは、現実世界を生きるということに関係してきます。


"生きる"そして"表現する"とは、身体を使って動くということ。
感情と、エネルギーを表現し、感覚を味わい楽しむということ。


下層部のチャクラが活性化しているときには、僕らは"生きる"という感覚を得られます。


生きるとは、身体で味わうことです。
この世界で起きていることを素直に受け止め、それに対して感じる感覚を素直に感じ
表現するということです。


感じるとは、五感覚(視覚、聴覚、体性感覚、味覚、臭覚)全ての感覚を
使ってこの世界を味わうのです。


本来、感覚や感情には " いい悪い " はありません。
単に湧いてくる感覚やエネルギーの動きがあるだけです。


そこに、僕らはある時からラベルを貼るのです。


怒り、悦び、悲しみ、楽しみ、恐怖、充実、嘆き、ときめき、不安
驚き、嬉しさ、楽しさなど・・


本来は単なる感覚のはずなのに、このようなラベルを貼って意味をつけていきます。

さらには、"好き・嫌い"の感情を結びつけるようになるのです。


そして、"嫌い"という感情の紐付いた感覚を避けるようになってしまうのです。


でも、"生きる"ということは、あらゆる感覚をまるごと感じ
表現するということなのです。


そして、感じるだけではなく身体を使って動くのです。


外側と内側で感じている感覚に素直になり目一杯表現するのです。

見て、聞いて、感じて、味わって、嗅いで、外側からくる全ての感覚を感じて
内側の感覚にしたがって素直に動いていくのです。


僕らが、感覚や感情を避ける、素直に表現しなければしないほど
感覚はどんどん鈍っていきます。


感覚が鈍れば鈍るほど、何が悲しいのか、何に怒りを感じるのか、
何に悦びを感じるのか、何が楽しいのか、何が嬉しいのか分からなくなっていきます。
 
 
何が好きで、何が嫌いであるのか、何が欲しいのかが分からなくなってきます。


好き嫌い、欲しいが分からないのに、心から望むビジョンや夢が出てくるでしょうか?


心から望むビジョンや夢、さらにはインスピレーションとは
湧いてくるものです。


その入口とは、現実世界を素直に感じ、味わい、感じていることを
表現することなのです。









無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事