上層部のチャクラは、" この世界における魂の表現 " に関係する

Fotolia_53985761_XS.jpg


チャクラのうち、僕らの身体の上層部にあるものは
見えない世界との繋がりと関係してきます。


僕らの潜在意識は、より大きな意識に本来は繋がっています。

上層部にあるチャクラが閉じていると
この大きな意識との繋がりを感じることができなくなります。


インスピレーションは、普段僕らが認識している意識領域より
大きな意識領域からくる感覚です。

上層部にあるチャクラが閉じていれば閉じているほどに
受け取りづらく、受け取っても"気のせいだ"と流してしまいます。


僕らが目に見えないより大きな繋がりを感じられているときには
人生全般に渡って信頼感を感じることができます。

より大きな意識を感じられるということは
その大きな意識が生み出している"流れ"を感じ取れるということです。


つまり、僕ら個人の人生の流れにのみならず
より大きな流れを読み取ることが可能になってきます。

さらには、"頭"で考えている以上のアイディアや
インスピレーションが湧いてくるようになります。


アーティストのcoccoさんは、あるときインタビューでこう答えています。

『 空から降ってきて自分を通してストーンと出ていく。
 今のは何だったんでしょう、という感じ。 』


宮崎駿さんは、こう話しています。

『 無意識の、もっと底に行かなきゃいけないんだよ。
 無意識じゃないんだよ。どこに繋がっているんだか分かんない
 底に行くんです。
 作品ってそうだよね。意識の下が、全部無意識だっていう
 考え方は間違いだよ。無意識っていうのは
 個人のもんだけど、もっと下に個人のものじゃないものがある。 』


見えない大きな意識と繋がり、形にしていく作業は芸術表現のようなものです。

ミケランジェロは、素材を見たときに
完成した作品が観えたということですが
まさにその"観えているもの"に近づけ、磨き上げる作業だからです。


2007年、半年で50名ほどの方にトランス誘導という手法を使って
潜在意識からのメッセージを受けとってもらうセッションを実験的に行いました。


このとき、クライアントは、より大きな意識領域から
個別の "魂" のような意識領域へインスピレーションを受け取っているようでした。


僕らがこの世界に産まれ、存在する目的や役割を知っている意識があるようだ
ということを、このとき感覚的に掴みました。


この時の経験から、インスピレーションは僕らの役割や性質によって
ひとりひとり違う形を取って降りてきますが
それはこの個別の魂の意識が関係してくると僕は確信しています。


つまり、上層部のチャクラが開いてくると
" この世界における魂の表現 " を僕らはすることができるのです。

そのとき、僕らの表現のすべてはアートとなります。

料理、ダンス、言葉、アイディア、コミュニケーション、
執筆、ものづくり、なにかの画期的な発見や理論など・・


市場調査をして出てくる " 売れそうだと予想したもの "
データから割り出される " 確率の高いもの " ではなく
人の心に響き、インスパイアする生命をもった表現となるのです。


ありとあらゆる表現が、僕らを通して表現するアートとなるのです。











無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事