SEから、Webデザイナーの道へ

david.jpg

IT業界に就職し、システムエンジニアとしてそれなりに
評価を得ていた僕ですが、23歳の頃
どうしようもなく大きな思いに突き動かされるようになります。

それは幼い頃からの夢だった「画家になりたい」というもの――。


とにかく絵を学べる学校に通ってみよう。
やるだけやって、何者にもなれないようであるなら、その時はすっぱり諦めよう。


そう考えて、さていったいどこで学ぼうかと考えていたある日、
フラッと訪れた近所の画材屋さんで
西洋画家の北山良文先生を紹介してもらうことになったのです。


初めて北山先生にお会いした時、一言、二言言葉を交わしただけで
すぐにそのお人柄に魅了されました。


「絵の基礎を学ぶのなら、絶対にこの人だ」
そう感じて迷うことなく先生が主催されている
絵画教室へ通うことへ決めたのです。


nude.jpg


その日から平日は会社、週末は絵画教室という日々が始まりました。

北山先生からは、美術の技術や歴史だけではなく
人生の楽しみ方や生き方など、様々なことを学びました。


なにより、絵を描くことの面白さ、表現することの楽しさを
教えてもらえたと思っています。


同時に先生から、日本の芸術家の現状は
僕がそれまで想像していたものよりもはるかに厳しいものだと
いうことも教えられました。


たとえば、ひたすらに絵一筋に打ち込んで
優れた作品を生み出せる力があっても、お金や営業については苦手な人が多い。

そのため絵が売れず生活がギリギリになって
やがて画家で食べていくということを断念する場合が多いと...。


さらには、生活費のためにほとんどの作品を売ってしまい
自分の手元に自作が一切なく
個展を開こうにも開けないという人もいるんだとか。


そんな厳しい現状を聞くうちに
「絵を学ぶと同時に、現実的な収入を得るためのスキルも学ぶべきじゃないか」
という想いが強くなっていったのです。


じゃあそのためにはいったいどうすればいいのか?
考えた結果、システム・エンジニアとして身につけたスキルと
芸術的な技術の両方を活かせるかもしれない、と思い
「Webデザイナーになろう!」と新たな決意をしたのです。


それからは絵の教室に併せて、WebデザインやWeb技術者の専門学校や
スクールにも通い始めました。25歳の頃です。


「グラフィックデザイン」「Webデザイン」「カラー」「DTP(紙媒体)」
「プログラミング(Java、XML)」「データベース」――


これら6つのスクールを掛け持ちする日々がスタートしたのです。


sakuhin.jpg


毎週末、土曜日の午前は絵を学び、午後はデザインの基礎。
日曜日の午前は、プログラミング、午後は色彩を学ぶ。


スクールで学ぶことと絵画の基礎を組み合わせれば
デザイナーとして必要な技術は十分なはず――そういう計算をしたのです。


通勤の行き帰りは心理学、自己啓発、IT関連の新しい知識を
身につけることにあてて、休日は全てスクールに当てる。


かなりのハードスケジュールでしたが、僕の胸の中は
何とも言えない悦びであふれていました。

「昔からやりたかった絵やデザインの道へ進むことができる」
「誰かに言われたからじゃなく、自分の意思で歩んでいる」
「今僕は、自分の人生を自分で自由にデザインしているんだ」

そんな思いで満たされていったのです。


画家の先生も、専門学校の先生も、現場の第一線で活躍されている人たちばかり。

ですから、学んだ技術をどのようにして現場で活かしていくべきか...
そのイメージが先生たちを見ているととても掴みやすかったのです。

いわゆる<現場の感覚>というやつですね。


スクールの課題や先生との対話を通じて
「自分の感覚や技術はプロフェッショナルとしても通用する」
という自信が日に日に増していくようになりました。


そんなある日、会社のクライアントとランチを食べに行くことがありました。


すると突然その中華料理屋の店主さんに向かってクライアントが

「この彼、堀内君っていうんだけど、今デザインをやってるんだ。
 きっと将来大物になるから、今のうちにデザインしてもらったらどう?」

となぜか推薦してくれたのです。ちょっとびっくりしている
僕をしり目に話は進み、なんとラッキーにもお店のメニューを
デザインさせてもらえることに!


納品後、僕のデザインは店主さんから大変喜ばれ

「今契約しているデザイン会社から、堀内さんに切り替えたい。
 他のデザインも全部お願いします!」

というオファーももらうことになりました。

この頃は他にもワイン販売サイトや投資会社のバナーなど
勉強中の身にもかかわらずいくつか仕事をいただき
それなりの評価をもらうことができました。


こうして僕はWebデザイナーとして自信を持つようになっていったのです。









無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事