月刊事業構想9月号にインタビューが掲載されました。

jigyoukousou201409.png


今月号の月刊事業構想にインタビューが掲載されました。
『自分のノウハウの体系化』ということでお話させていただきました。


もし本屋で見かけたらぜひぜひ見てくださいね~


6月に書いた『自分のノウハウを体系化するポイント 』をご覧になった
副編集長の伊藤貴志さんより、詳しい話を聞かせて欲しいということで
お話させていただきました。


以前、インスピレーションについて月刊貯徳時代で連載していたことは
ありますが、インタビューは初めてで、楽しい経験でした。


最近、ファシリテーターさんと話していたなかで


『ライフ・デザイン・メソッドって、参加者と一緒にリアルに
 生み出しているところが魅力ですよね。』


といったお声をいただきました。


僕は、講座中にどんどんテキストを書き換えていきます。
話していて、気になったらもうすぐにでも修正していないと気がすまないんですね。


以前は、同じ期の平日コースと休日コースでテキストが違うということも
よくありました(笑)


ライフ・デザイン・メソッドをスタートした最初の3年ぐらいまでは
開催日のギリギリまでテキストを修正していましたねー。


毎回、ほとんど徹夜明けでセミナーをやっていたと思います。


講座のなかで、質問がでたら、どこか分からないのか?修正したほうがいいところがあるのか?
徹底的に掘り下げました。


受講生さんからのアイディアがあったら、どんどん取り入れていきました。


さらに言えば、『ここどうした方がいいと思う??』と受講生さんに
講座中に聞きまくってました(笑)


僕は、ライフ・デザイン・メソッドは自分がいなくなった後、
死んだ後、残された方が使うところをイメージしてずっと作っています。


僕がいなくなった後に、修正したくてもできないし
そこでテキストに触れた方が読んで分からなところがあったら
したくても、説明できません。


そして、僕以外のファシリテーターさんが講座を行う時になるべく
ストレスがないように、僕と同じように講座を行えるよう
参加をした方が、ファシリテーターさんの違いで学べる度合いが
変わることがなるべくないようにしたいという想いがあります。


なので、誰が受けても引っかかりなく楽しく学べるコンテンツを
つくりあげたいとそう考えています。


月刊事業構想さんのインタビューでは、
『ひとつのコースの完成度を高めるのに3年はかかる』と話しましたが、
そうやってライフ・デザイン・メソッドは
参加者の方と一緒にそだててきました。


僕のインタビューは、Webサイトからもご覧になれます。
http://www.projectdesign.jp/201409/learning/001599.php


僕のインタビューは、記事の中盤からで
会員登録をしている方のみ見れますです。

※今月分を読むだけでしたら、Webからも無料で購読することも可能です。
 『購読のお申込み』からご登録くださいませ。


ライフ・デザイン・メソッドを立ち上げてから5年間。


この5年間、無我夢中で取り組んできたので、
あまりゆっくり振り返る機会が
なかったのですが、この5年間かなり色々と積み上げてきたんだなあ・・
と、思い返すきっかけになりました。


伊藤さん、ありがとうございます!





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事