"憧れの存在" の正体とは、『未来のあなた』です。

Fotolia_50770128_XS.jpg
 
 
僕らは、"憧れの存在" を追っている間はその対象に
追いつくことはありません。

 
 
なぜならば、憧れているという時点でつねに何パーセントかは
 
『 自分には、ない。 』
 
という思い込みがあるからです。
 
 
自分にはないという思い込み、無意識の前提がますます『ない。』を
加速させていくのです。
 
 
"憧れの存在" の正体とは、『 未来のあなた 』であり、
『 抑えているあなた 』を表現している存在のことです。
 
 
なぜならば、自分の中にないものに憧れを感じることは無いからです。
 
 
僕は、オリンピックの100Mで金メダルを取った選手を
『すごいな〜』と思ったことはあっても憧れたことはありません。
 
きっと、僕のなかにその要素はないんですね。
 
 
さらにもうひとつ掘り下げていくと、"憧れの存在" とは
まだこの世界に表現できていない(と思い込んでいる)
自分のなにかを表現している存在であるということです。
 
 
だから、"憧れの存在" を見た時に、あなたのなかの
何に響いているのかを観察してみるということです。
 
 
僕らは、"憧れの存在" を通して必ず自分自身を見ているのです。
 
 
"憧れの存在" に触れたとき、つぎのような視点で見ることを
お薦めします。
 
 
『 仮に、"すでに" あの人のそれがあったとするならば、
 "すでに" もっているのであれば
 私はどのように表現しているのだろう? 』
 
 
 
すでに持っているという前提で、あなたを見てみるのです。
 
 
そうすることで、あなたの中に眠るその部分を表現する手がかりが
見つかってきます。
 
 
そうしているうちに、いつの間にか "憧れの存在" はあなたにとって
あまり気にならなくなってきます。
 
 
その頃にはあなた自身がそれを表現しているということです。
 
 
"憧れの存在" とは、あなたの内側のなにかを外側に投影した存在。
 
 
つまり、"憧れの存在" の正体とは、『未来のあなた』、あなた自身のことです。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事