『愛して欲しい』『認めて欲しい』を越えて、ビジョンを共有するということ。

Fotolia_64202180_XS.jpg
これから、何かのメッセージを伝えたりセミナーなどを行う方は、

 
『愛して欲しい』『認めて欲しい』の根源と
どこかのタイミングで向き合うことになる
だろうと感じています。
 
 
『愛してほしい』は女性性から
『認めてほしい』男性性からもたらされます。
 
 
僕はあるとき、カルトと呼ばれる集団や自己啓発セミナー
宗教組織などのなかで、規模が大きくなるにつれ
盲目的に内輪になり、社会と対立する構図となってしまう組織があるのが
不思議で、興味をもっていた時期があります。
 
 
比較的どの組織や教えも、スタート当初は比較的牧歌的で
家庭的で社会に対しても冷静な態度であるように見えます。
(そうでないものもあります)
 
 
それが、人が集まり組織化し始めてからおかしくなってくるようです。
 
 
見えてきた傾向とは、組織になったときに
そこで影響力のある方が
自分のなかにある『愛して欲しい』『認めて欲しい』が
クリアーされていないと、次第にその集団の方向性が歪んでくるということです。
 
 
僕がFacebookで発信を続けている理由はここにあります。
 
 
ライフ・デザイン・メソッド®の "外" にある方達との接点も
大切にしたいのです。
 
 
僕のなかにも『認めて欲しい』『愛して欲しい』は
少なからずあると自覚しています。
 
 
そしてその本音は、より多くの方に触れることで
気がつくことが多いのです。
 
 
僕の発していることに、モヤモヤしたり、納得がいかない方
こういったフィードバックも大切だと感じています。
 
 
まだ直接会ったことのない関係からのフィードバックには
僕のなかの本音に気付くことが多いのです。
 
 
例えばもし、そのフィードバックに
僕がグサッとくる何かを感じたとき
それは僕のなかの『愛して欲しい』『認めて欲しい』と出会うきっかけです。
 
 
もし、僕が内輪のなかだけでそれを求めることになったとき
多分僕は自分にとって痛いフィードバックをする方を
排除することになるでしょう。
 
 
僕は、そこまで人間ができていないと自分でよく分かっているからです。
 
 
そして、近い距離感になればなるぼど
感情的な距離感が『愛して欲しい』『認めて欲しい』を
より強く求めるようになる自分がいることも分かっています。
 
 
近いファシリテーターさんになればなるほどに
『愛して欲しい』『認めて欲しい』の感情に接点が近づいていく。
 
 
ライフ・デザイン・メソッド®を守るためには
繋がりを『インスピレーション力』にする必要があります。
 
 
それは、そのために産まれたメソッドだからです。
 
 
僕個人の『愛して欲しい』『認めて欲しい』は
ライフ・デザイン・メソッドの私物化です。
 
 
そうでなくなった場合には、規模が大きくなったときに
内輪の外から見たときに、異常な集団になってしまうという感覚があります。
 
 
組織での繋がりが大きくなったときに
社会に対しての『愛して欲しい』『認めて欲しい』が
暴走すると、そ
の集団の色合いが変わります。
 
 
『愛してくれない』『認めてくれない』アイツラが悪い。
世の中が間違っている。それを
我々『新時代の人類』が正さないと。
 
 
もはやこうなってくると、組織の共有するビジョンは変わっていきます。
 
 
だから、僕はメッセージを発する立場として
メソッドの創始者として
なるべく皆様と
の接点を大切にしたいと思っています。
 
 
セミナーに来てくれる方、セッションを受けてくれる方
その方達だけを見ていると
が自分を勘違いしそうになることがあるからです。
 
 
人間社会にも触れ続けたい。
そのなかで自分の弱いところがあれば、それはこれからも向
き合っていきたい。
 
 
インターネットや、ソーシャルや公の場で
様々な方と触れ合う中で、ここに大きな価
値があることを実感しています。
 
 
今後とも、よろしくお願いします!





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事