"欲しいと"いう感覚が、ビジョンを教えてくれる。

Fotolia_55813661_XS.jpg
 
 
・『どうしたら、本当に望むビジョンが分かるのでしょうか?』


・『どういうやり方や方法で見つかるのでしょうか?』


とご質問を受けることがあります。


実は、"方法"や"スキル"や"やり方"を求めている間は、
本当に望むビジョンを見つけることは、困難です。


方法、スキル、ノウハウがあなたの望むビジョンを「教えてくれる」
ということはないからです。


ビジョンを見つけるためにもっとも重要なこと、

それは、あなたが本来もっている "欲しいという感覚" です。




赤ちゃんや子供は、"欲しい"という感覚を素直に表現します。

ですが、僕らは成長するに連れて"欲しい"という感覚を抑えるように
教育されるのです。
 
 
・『わがままを言うのは、やめなさい』

・『自分のことだけ、考えては駄目よ』

・『そんなもの、現実的に考えて無理じゃない』

・『そんなことより、もっと勉強しなさい』


さらに僕らは大人になってからは、

・『責任を果たさないと』

・『食べるために、我慢して仕事しないと』

・『社会を上手く渡るために、自分を抑えないと』


と、自ら「制限」をかけるようになります。
 
 
僕らは本来、子供の頃のように欲しいものを素直に感じ
表現できる状態であれば、自然と望むビジョンが見えてきます。
 
 
本当にやりたいことは、"欲しい"という感覚を大切に育むことで
見えてきます。
 
 
"欲しい感覚"とは、

・「成果」とは、また別にあるものであり、
・「具体的な数字」や「行動計画」とは関係がないものであり、
・「誰かのため」「世の中のため」より先に湧いてくるものであり、

・あなたが『やりたいこと』と繋がっているものであり、
・あなたが『好きなこと』と繋がっているものであり、
・あなたが『望むビジョン』と繋がっているものなのです。
 
 
ビジョンを出すためには、スキルやノウハウではなく、
あなたが、どのような状態にいるのかが重要なのです。
 
 
 
もし、あなたが自分を感じられなくなっているとき、
感情や気持ち、"欲しい"という感覚がわからなくなっている時には
 
まず、ビジョンや目標を無理に立てようとするのではなく
 
 
・好きなところで1日ぼーーっとする。
・『やりたいこと』だけをやる日を、週に1度つくる。
・好きな映画、好きな小説を読む
・アロマや入浴など、あなたを楽しませる時間をつくる
・ファッションやアクセサリーを、あなたの心地よさを基準に選ぶ
 
 
・・など、あなたの嬉しい感覚、楽しい感覚、喜びの感覚を意識して
生活してみてください。

そうすると、"欲しい"という感覚が自然と湧いてきます。
 
 
その状態で湧いてくるものこそが、
あなたが本当に欲しいビジョンと繋がっているのです。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事