まず、内なる戦いやめること。それが最初にできることです。

Fotolia_35549301_XS.png


「対立」や「争い」にいるとき、
僕らは " 相手 " と " こちら " で起きている
と感じています。
 
 
でもね、実は対立や争いって、自分のなかで先に起きているのです。


多くの場合、最初に存在しているのは、" 警戒心 " なんです。
 
 
警戒心があると
『 つけ入れられないようにしなきゃ 』『 舐められないようにしなきゃ 』と
最初から身構えて、緊張して、世界に向かっているのです。
 
 
そのときに、僕らは無意識的に " 仮想の相手 " や " 敵 " を
イメージしています。
いつでもやられないように身構えているのです。
 
 
"敵" はどこにいるのか?"敵" はどんな準備をしているのか?
"敵" はどんな意識をもってこちらに向かってくるのか?


そんなことを警戒して、いつでもやられないように
始めから武装しているのです。
 
 
 
面白いことにね、何かに警戒している場合には、
平穏でも落ち着けないんです。

もう、そこはあたかも何かの"敵地"で
なにごともなければ、それはそれで落ち着かないんです。
 
 
『 いまはなにもないけれど、必ずトラブルがおきるはず 』
『 いつか戦いになるはず 』
 
 
こんな風に、
"攻撃"に備えて身構えているんです。
 
 
こんなモードの時、僕らが他人に与える印象って何に見えると思います? 
そんなモードのあなたと接した人は、こう受け取ります。


『 あー、なんかこの人、なんか私に敵対心あるよ 』


こうして、相手も、僕らに対抗するべく武装を始めるのです。
戦いは、こうして始まります。
 
 
 
さて、目の前の相手がくつろいで、リラックスして、豊かな眼差しで
こちらを見つめているとき、僕らは安心して心を開けます。
 
 
つまり、あなたが人と上手く繋がりたい。優しい関係をつくりたい。
人付き合いで、心を開いた交流をしたい。
 
 
そんな風に思っているのであれば
僕らができることとは、内なる戦いや恐れ、
緊張を解放させることです。
 
 
まず、内なる戦いがあるのであれば、まずそれを何らかの形で止めること。
それが、まず最初にできることです。
 
 
そうすると、僕らの世界に表れるひとは僕らに対して向けている恐れや
警戒心を解き、自然体でリラックスした柔らかな存在として現れます。
 
 
僕らは、赤ちゃんの頃には世界に、警戒心などなく
ただ感じるままに存在していました。
 
 
その頃、僕らに向けられる視線は、敵意ではなく愛情だったはずです。
 
 
だから、僕らのなかに内なる戦いが存在しているのであれば、
まずはそれをやめること。

それが、まず最初にできることです。
 
 
そして内なる戦いがなくなればなくなるほどに、僕らを取り巻く世界に
争いは存在せず、愛と悦びに満ちた世界になっているでしょう。

















無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事