あなたがいま心配していること、ほぼ全て起きません。

Fotolia_60263999_XS.jpg


セミナー中、

『 本当は、◯◯をやれたらいいんですけど・・ 』
『 ◯◯したいんですけど・・』
『やっぱり◯◯だから無理ですよね 』
と言っている方に
 
 
僕は、結構軽い感じで『 それ、やっちゃえば? 』
ストレートに言うことが多いです。
 
そんなとき『 えっっっ!?』という反応がほとんど。
 
 
まさか、やっちゃえと言われるとは思わなかった、
止めてくれるのかと思ったと言いたげな表情。
 
 
そうすると、しどろもどろに

『 いや、でも・・あれがこうで、こうで・・ 』

『 いろいろ乗り越えることがあって大変で・・』


『 あふぁふいgふぁb◯✕※々∇!!!
 ∇〜§...vmさgphなkgに!!!!
 lgじhghdlkjlkうgっs!!!』
 
『・・だからまだスタートできない状況なんですよ (キリッ』
 
 
とご丁寧に説明してくださるので、つい
 
『・・だったらやった方がいいんじゃない? 』と言っちまうんですね。



(へ!? "だったら"って意味不明なんですけど。
 そう来るのかよ。ええええ。)と、明らかに大混乱。


こういった時にその人はそれを本気でやろうとはしていません。

『やりたいんです!でも無理なんです!』

ということを訴えたいだけなのです。


『それは、大変だね。無理だよね。
 我慢してるね。頑張ってるね』と、励まして欲しいのです。


だから『やって見れば?』と言われると、ムカっとくるのです。


やって失敗したら、どう責任取ってくれんのさ、
お前がやれと言うのは簡単だけど、無責任じゃねえか、
ヒドイじゃないですか。失敗して痛い目見るのはワタクシなんですよ!?

・・と、こんぐらいムカッときているのです(笑)
 
 
まあ、つまり結局は動かない、スタートしない言い訳ですよね。 
 
こういった対話はセミナーでも、セッションでもよくあります。
 
 
でね。面白いんですよ。
実際に、セミナー後にね、行動に移した方に質問するんです。


『・・・で、あの時心配していたこと、起こりました??』

と質問すると、ほぼ全ての確率で

『いや、起きませんでした(笑)』

と返ってきます。


つまりね、あなたがいま心配していること、ほぼ全て起きません。

仮に起きたとしても、なんとかなってしまいます。

だから、やりたいことがあれば、まず、やるんだ!と決めて
一歩を踏み出してみましょう。


ゼロとイチは、全く違う世界です。
なにもないか、『スタートしているか』は、全く違う世界です。

だから、最初のイチを踏み出すことが大切なのです。

あなたのビジョンの最初の"イチ"は、なんでしょう?
 
 
その "イチ" によって、なにかが動きます。
それは、あなたの世界で実際に産み出された動きです。
 
『 準備ができたら、スタートしようと思います。』
『 もっと状況が整ったら 』『 人脈ができたら 』
  
 
いいえ、逆です。
 
 
決めたら、スタートしたら、準備ができるんです。
決めたら、スタートしたら、状況が揃ってくるんです。
決めたら、スタートしたら、人脈ができるんです。
 
 
だから、もう状況がなんであろうと、準備が整っていようといまいと
能力や実力が追いついていようといまいと

まず、今日からスタートするって決める。
 
 
そうした瞬間から、そのビジョンは "将来の予定" ではなく
"いつか"ではなく、"いま" に変わるんです。
 
 
結局、人生には "いま" しかなくって
その "いま" が、『スタートしている "いま"』 にその瞬間から変わるんです。
 
 
だから、最初のイチ、いま踏み出しちゃいましょう。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事