一目惚れしたなら、いっちゃいましょう!

Fotolia_60314264_XS.jpg


"婚活" をやっている方の相談に乗ることがあります。

そのなかで

『これは、なかなかベストパートナーとは出会えないだろうな・・』

と感じることがあります。
 
 
そもそも婚活やってる動機が、『 周りから 』のプレッシャー
という理由で動いている方。
 
 
さらに『 頭の条件 』に見合った相手で探している方。
 
年収、会社、学歴、身長、趣味、家柄などなど・・
 
 
もし、こういった条件にぴったりだったとして、
生理的に受け付けない人だった場合にはどうですか?? 
 
何十年も一緒にいるって、ゾッとしますよね。
 
 
そうやって、外側ばかりで相手をさがしていても、
『一緒にいたい』っていう相手はなかなか見つかりません。
  
  
しかも、本音では『ひとりの方が気楽ー。』『結婚するより自立したい!!』
と感じていたりもするのでさらにややこしいことになっている
場合もあります。
 
 
さて、『 一目惚れの離婚率は圧倒的に低い 』ってご存知でしょうか
 
 
つまり、直感やインスピレーションで惹かれた
相手とくっつくと上手くいく。ってことです。


これ、実際に面白いデータがあって
アメリカで実際に調査があるんです。

通常は、アメリカでの離婚率は50%
つまり、半分はどこかで離婚するらしいのです。
 
 
が、一目惚れで一緒になった場合、

男性の一目惚れでは20%で
女性はなんと10%!!
 
 
8割〜9割が離婚しないっていうんですね。
 
 
これ、どういうことでしょうか?
 
 
実際に、僕も瑠美さん にはほとんど一目惚れに近いのです。
最初に合った頃から、もういきなり惹かれていました。
 
 
そして付き合う前から根拠もなく『多分この人と結婚しそう』
という予感もありました。
 
 
しかも当時の僕は、『あと、最低5年は彼女いらん!』と
ずっと周りに公言していた時期でした。

それすら吹っ飛ぶほど、彼女に惹かれたんですね。
 
  
実際に、会社の同僚やお客さんも、

『 へ!?堀内に彼女。恋愛興味ないんじゃなかったの?? 』
 
 
とびっくりされて、
飲み会とかで『 彼女のどこを好きになったの?? 』って聞かれるんですね。
 
 
それで、理由を聞かれると即答できないんですね。
 
 
『 いや、"どこ"っていうか、惚れちまったんですよ。
 理由なんてなくてですね。
 なんか、彼女と話していると "自分の深いところ" が
 悦んでるんですよ 』と。
 
 
それから、出会って10年近く経つんですが、
年々『この人と結婚してよかった!』と感じるんですね。
 
 
性格とか、価値観とかもそうだし、
仕事面でも、多分彼女でなければ駄目だろうな―
と感じるものがどんどん増えています。
 
 
僕もセミナーやイベントを仕事にしてますが
彼女もそう。
 
僕も彼女も出会ったころには、まさかセミナーを仕事にするなんて
思ってもいませんでした。
 
 
スタートしたのは、彼女も僕も結婚してから数年後のことです。
  
 
つまり、『 彼女がそうだと分かっていた 』から
一緒になった訳ではないということです。
 
 
その他もろもろ、彼女であったからこそ噛み合うという
ことがめちゃくちゃ多くて、
それら全て結婚前から分かっていなかったことばかりです。
 
 
だから、結婚相手に "条件" 求めている方って、
その人の過去と今しか見ておらず、
大切ななにかを見逃しているなー、と感じます。
 
 
いまがなんであれ、
その『惹かれてる感覚やインスピレーション信じられる?』と
いうところが、恋愛においても大切なのですねー。













無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事