本音を出すから、あなたの『居場所』ができていく。

Fotolia_61899562_XS.jpg


この数回にわたって、
『 許せない! 』という怒りに支配されているときの奥にあるものと、
逆に、すぐに『 ごめんなさい 』とすぐに謝ってしまうときの、
やはり奥にあるものについてお伝えしてきました。

(シリーズは、一番下にリンクをまとめました。)
 
 
結局、どちらの立場であっても "自分のことが大切にされない" って
ことが根っこにありますよね。
 
そのためにどうすればいいのかというと
どちらの立場であっても、結局は『本音』が大切になってくるのです。
 
 
・『 許せない! 』というとき
 ⇒ その奥にある『 寂しい 』『 悲しい 』などの本音を
  
大切にすること。

・『 ごめんなさい 』と場を収めるために謝ってしまうとき
 ⇒ 本当は、守りたい『 大切ななにか 』もあるはずで、
  その本音を大切にすること。


あなたが、どちらの立場であっても『本音』を大切にしてみましょう。
そして、それを表現しましょう。

 
 
表現することではじめて、
あなたの本音は、"世界にアウトプット" されるのです。
 
  
人間だから、ぶつかることもあります。
 
 
でも、本音を隠したり、蓋をすることを続けちゃうと、
奥にあるもの、ずっと相手は理解してくれないよ?
 
状況は、いつまでたっても変わらないよ??
 
 
・なんで、『許せない!』というほど、
 怒りを感じてしまったのでしょう?

その奥にある『もっと大切にして欲しい』って本音を
表現するのって、あなたの "弱い部分を" さらけ出す
みたいで、勇気が必要かもしれない。
 
 
・なんで、『ごめんなさい』という前に、
 そんな状況になってしまっているのでしょう?
 
 
その奥にある『本当はこれを主張したい!』って本音を
表現するのって、相手の気を悪くしたり、
ますます怒りに火をつけそうで、勇気が必要かもしれない。


でも、本音を表現しないかぎり、
あなたのことは、相手に理解されることはありません。
 
 
実はそれ以上に、もっとあなたに起きていることがあるんです。

本音に蓋をすることで、なかったことにすることで
"あなた自身" に、あなたのことを理解されないことに
なってしまうのです。
 
 
これって、あなたが本当はどうしたいのか
自分で自分のことが、分からなくなってしまうのです。

だからその "物語" はつづいていくのです。
 
 
『 許せない! 』って怒っている方も
『 ごめんなさい・・ 』って、場をおさめるためにすぐに謝ってしまう方も
  
結局は、蓋をしている本音に素直にならない限りは
また同じ状況を招いてしまうのです。
 

もう、こうなったら、お互いに本音ベースでぶつかり合っちゃおう!
ってことにならないですか?
 
 
そして、それができるようになると素敵なことがおきるんです。

本音には裏がないから、お互いにそれを理解しあえたときには
それまでよりも、相手のことが好きになるんです。
 
 
なにより、あなたがこっそりと隠してきたものを
表に出すって、単純にスッキリするんです。
 
 
本音を隠しているとね、
なんとなく、『 居場所がない 』って感覚になるんです。
 
 
もっと正しく言うと、
『 出したら、居場所がなくなっちゃう 』と
思い込んでいるから、本音を出せないのです。
 
 
でも、本音を出したときに、それが意外と大丈夫だったら
そこに、"あなた" として存在しても、大丈夫だってことでしょう?
 
 
なにも演じなくてもいいってことだから。
 
だから本音を出せばだすほど、
そこにあなたの『居場所』ができていくのです。

















無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事