"空白" ができたとき、ビジョンはみえてくる。

Fotolia_61527318_XS.jpg


セミナーやセッションをしていて感じることがあります。

それはほとんどの方が、夢やビジョンを描く前に
する必要のあることが、あるのです。
 
 
すでに、ほとんどの方が『やること』や『やる予定』
『たくさんのモノ』ですでに埋め尽くされている。
 
 
仕事のスケジュール、家族との約束、これから読もうと思っている本、
いらない名刺、家中にあるモノ、義理で付き合っている人間関係
インターネットやテレビで日々入ってくる情報・・
 
 
これらは、潜在意識は『いつか使うもの』として、
すべてストックしています。
 
つまり、潜在意識的には " すでにパンパンの状態 " であるのです。
 

かなりの方が、夢やビジョンを描く時に、
『 今の人生に付け加える 』ことをしようとします。
 
 
  
ですが、パンパンの状態でビジョンや夢を描こうとも、
潜在意識は、

『もう、いっぱいいっぱいだからやめてくれ!!』

と悲鳴をあげるのです。
 
 
だから、夢やビジョンを描いてもモチベーションが上がらない。
 
 
すでに、パンパンの人生に新たになにかを新たに付け加えようとしても、
もう潜在意識はたくさんなのです。
 
 
僕は本棚にあった本を1000冊から、20冊程度に絞りこみました。
そのときに気づいたことがあります。
 
 
本棚に置いてある、まだ読んでいない本とは、
本を読んで変化する、"未来の自分の可能性"であったり、
 
 
自信のないと感じている分野を埋めてくれる気がする
"安心感の解消" であったり、
 
 
視覚的にたくさんの本が並んでいることによって、
『あー、こんだけの知識が自分にあるんだ』
といった、"自信の穴埋め" であったりするということです。
 

"可能性"、"安心感"、"自信"、"もったいない" だから、
本を捨てられないのです。
 
 
例えば、整理していない名刺、整理していないFacebookの友達(笑)

ときには、誰かのお土産(使わないけど、申し訳なくて捨てられない)
手紙、写真などなど・・
 
 
『それって、"いま" ときめくのかい?』
 
By こんまりさん さん。

という状態なのです。
 
 
つまり、こんな状態では、『心から欲しい物』は分かるはずなどないのです。
 
 
1000冊から20冊に本を絞ったとき、本棚から感じる "それ" は
全く違うものでした。
 
 
『 あああーー!これこそ、僕が "いま" 必要としているものだ!! 』
 
 
明らかに、本棚に置いてある本が生きているのです。

人間関係、活動、モノなど・・
 
 
本だけではなく、
今はありとあらゆるものが、シンプルにときめくものになっています。
 
生きているモノに囲まれているのです。
 
 
これによって、僕らの感覚、センサーはどんどん鋭敏になっていきます。
 
 
いま、"生きているモノ" に囲まれている僕は、
本屋に行けば、必要な本は瞬間的に分かります。
必要なご縁も感覚的に分かります。
 
 
必要な活動やアクションもです。
 
 
つまり、インスピレーション力®の高い状態のために、
まずその状態を確保することです。
 
 
いま、この瞬間に必要なもの、"生きている" ものに囲まれている。

だから、欲しいもの、望むもの、ビジョンが見えてくるのです。
 
 
いま、すでにあなたが人生で追われている、一杯一杯の状況で
あるのであれば、なおさら、

『 人生で "空白" をつくる 』 

ことを意識してみてください。
 
 
スペースができたとき、そこに表れるもの
それこそがビジョンなのですから。
 
 
そして、そこに " 本物のインスピレーション " は差し込むのです。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事