女性性からは『愛』、男性性からは『使命』がもたらされます。

Fotolia_60147077_XS.jpg

『 ミッションを明確にしましょう! 』という教えがありますが、
これは女性の方にとっては、
しっくり来ない、って感覚あるのではないでしょうか?
 
 
これは、サヌキ(男性的・外側)的な感覚から
もたらされた表現だからです。
 
 
僕らは、女性でも男性でも、
アワ性・サヌキ性(女性性・男性性)両面の性質をもっています。
 
 
ミッションは、日本語では『使命』。『 命を使う 』と書きます。
 
 
対して、生命の源たるアワ(女性的・内側)的感覚からすれば、
いのちは湧き出る泉。
 
"使う"って感覚よりも、日々こんこんと湧き出るものなんですね。

だからアワ的(女性的)な性質が高い方であればあるほど、
別になんにもする必要はないのに・・・と感じます。
 
 
だって本来は、ただいるだけで、
それだけで、十分、内側にある "生命の悦" びを実感できるから。
 
 
これに対してサヌキ的(男性的)基質の方は
外側で、具体的な形にしたい!という基本的な性質があります。
 
 
生命を使って、目的に向かって動いていきたいんです。
もう、性質だからどうしようもないんです。

逆に、具体的な目的がないと『 存在意義がない! 』って感覚になるんです。
 
 
だから、サヌキが使命に目覚めるっていうことは、
世界のなかで、自分の役割や存在意義に目覚めるということ。

 
それがないと、サヌキは『 世界に居場所がない 』という感覚になり
生きる目的を見失い、破壊的になるのです。
 
 
サヌキにとってのミッションとの出会いは
『 世界に居場所 』ができることと同じなんです。


サヌキにとっての "生命の表現" とは『 使命を生きる 』ということになります。
アワにとっての "生命の表現" とは『 愛で満たされる 』ということになります。

つまり、愛と使命とは、どちらも "生命の表現" であるということです。
 
 
そして、ここからです。

僕らの、内なる性の本質は、グラデーションなんです。
そのグラデーション具合によって、

『 内なる愛の悦び 』中心になるか、
『 外への使命の表現 』中心になるのかが変わってきます。


あなたが、女性性(アワ性)ベースであれば、
日々のなかで、内なる愛を表現することが人生を運んで行きますし

男性性(サヌキ性)がベースであれば、
日々を、より大きな使命とともに生きることで人生を運んでいくでしょう。
 
 
愛とは、『存在をただありのまま受容すること』です。
使命とは、『存在の意味を生きること』です。


愛により、その対象は生命を吹き込まれます。
使命により、やはりその対象は生命を吹き込まれます。


愛は、女性性(アワ性)による、この世界での生命の表現です。
使命は、男性性(サヌキ性)による、この世界での生命の表現です。


愛は、周りにある存在に触れるだけで
その存在は存在することの意味を感じることができます。

使命は、自らを対象とすることで、
自らが存在することの意味を感じることができます。


エゴには、この世界でつねに "存在したい" という欲求があります。
それこそが、エゴの根源的なたったひとつの欲求です。

エゴは、愛を受けることで、ただ存在するだけでいいことを理解します。
エゴは、使命を生きることで、この世界に生きる意味を見出します。

つまり、エゴは、愛・使命を通して生命を吹き込まれるのです。


エゴが愛か使命を受けていないとき
それはつまり生命と繋がっていないということです。

それは、エゴにとって死を意味することになります。
この世界で居場所がない。


アワは、そのとき世界から消えていなくなりたくなります。
(内側に向かう性質だから)

サヌキは、そのとき世界を破壊したくなります。
(外側に向かう性質だから) 
 
 
ですので、あなたが女性性(アワ性)がベースの方であれば、
あなたに愛を見たば満たすほど、その世界は生命で満たされます。

あなたが、男性性(サヌキ性)がベースの方であれば、
世界を使命に生きれば生きるほど、その世界は生命で満たされます。
 
 
これが、アワとサヌキにおけるこの世界における生命の原理です。









無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事