性はグラデーションとお伝えしている理由

Fotolia_60917834_XS.jpg

最近、思い出したことがあります。

23〜24歳ぐらいの頃、『性的マイノリティ』と呼ばれている方々と
仲良くなったことがあります。


まず、最初にびっくりしたのが、『カテゴリー』が一杯あること。

ゲイ、レズビアン、FTM、TG、TS、ニューハーフなどなど・・・
もうそれはそれは沢山のカテゴリーがあるのです。
(すみませ
ん。覚え切れてません(汗))


いろいろな方と話してみればみるほど、カテゴリーが沢山あるのです。


最初は、『へえー、色んなタイプの方がいるんだなー』と感じました。


そのうちに、ある傾向があることに気がつきました。


それは、カテゴリーにこだわる方と、あまりこだわらない方の違いです。
カテゴリーにこだわる方であればあるほど、深い悩みを抱えているのです。


僕が感じたところでいうと

『なんで、自分は、"普通"に生まれなかったんだろう。』
『普通に生まれて、堂々生きて、普通に恋愛して、セックスしたい。』


言葉で書くと軽いですが、これは本当に彼ら、彼女にとっては深刻です。


自分は生まれた瞬間から、『異常』な存在。
この悩みを理解できるでしょうか?


そして、女性ホルモンや、男性ホルモンに手を出す方もいて、
そんな方はかなりの確率で、精神のバランスが崩れていくのです。

身体にメスを入れた友人もいました。

本来自然に備わった生理機能に手を入れるって、
どれだけバランスが崩れてしまうか想像できるでしょうか?


しかも、『自分は普通には生活できない。』
『悩みを打ちあけられることさえできない。』
『子供を授かること、産めることは生涯ない』という、
内面的な葛藤に日々向き合っているのです。


僕が、彼女ら彼らと仲良くしていたのは二年ぐらいだったと思いますが、
その間友人になった方のうち、二名が自殺、鬱になっている方はかなりいました。


さて、精神のバランスがいい状態だと感じた方々もいます。


それはあまりカテゴリーにこだわらない方。
『ほら、私って変態じゃん。(笑)』と笑い飛ばしたりしている方


実際には、僕には計り知れない悩みと向き合っていたのかもしれません。


でも、少なくとも接していて、暗さは感じませんでした。


僕がそんな方々から感じたのは、『人間である』ということの大切さです。


悩んでいる方であれば、あるほど、『男』か『女』であるかにこだわっていました。

元気な方ほど、そこへのこだわりよりも、
『生きることへの楽しみ』を大切にしているように感じました。


つぎに感じたことは、『普通でまっとう』な感覚の方が多かったということです。


直接話しをしてみるまで、僕は『異常』と見ているところがありました。

例えば、テレビで、【オカマ】として出演されている方で、
『普通』として扱われている方、見たことありません。


視聴者にとって『別世界』でキワモノである扱いです。
彼女たち、彼らは、僕らと同じ人間であるという扱いではありません。


当たり前の話で、普通に買い物して、ドラマやアニメを見たり、
校に通っていたり、夢を持っていたり、政治や経済や、
オリンピックの話題で盛り上がります。


話をしている感覚もそこらの学校や職場で話していることと同じ。


なかでも、僕は年配の方々に今でも感謝していることがあります。


あの方々ほど、親身に僕の相談に乗って頂いた方は
人生のなかでありませんでした。


すごく暖かく、懐が深いのです。
人生経験も豊富で、社会的にも成功されている方もたくさんいらっしゃいました。


自分の息子や、弟のように、いや、それ以上に親身に深く話を聞いてくれるのです。
知識や経験もすごい方も多く、周りの大人が子供に見えてくるぐらいでした。


そんな中、僕はいつの間にか、彼女ら彼らを『尊敬』の目で見るようになりました。

そして、彼女ら、彼らが立ち向かっている『社会的な誤解(=圧力)』にいつか、
できることがあれば協力したいと感じるようになりました。


そう、『まともな女』『まともな男』っていう、どうしようもない、思い込みです。


『まともじゃない人』って何でしょう?
『性同一性"障害"』って????


"障害"と分類して、その気になっている、社会的圧力ってなんなんでしょう??
僕のなかでは、彼女ら彼らには障害がありません。


あるのは、『女か男か選べ』という社会的圧力です。

レズビアンは『女性が女性を愛する』ゲイは、『男性が男性を愛する』
などといった"定義"が、わざわざなんで必要なんでしょう??


ふつーに生まれ、ふつーに生活して、『自分はごくごく普通の人間』だと
生活している方には、『普通ではない』ということを余儀なくされ、
だから自分を『カテゴリー』に当てはめて苦しみ悩んでいる状況は、
到底理解できないことだと思います


テレビやマスコミで、ゲイタレント、オカマタレントなどと
いった扱いあれなんなんでしょう?


その裏でどれだけ傷ついている方がいるか、どれだけ知っているのでしょう?


僕は、あの素晴らしい方々と出会ったおかげで、
どんな方であっても『カテゴリーなどない、たったひとりの人間』だということが分かりました。


そして、感覚的にですが、
『ありのまま、そのままのあなたでいい
よ』というだけで、
どれだけの方々解放されるか、ということを感じました。


【異常】と扱われた方は、
人前にいるとき『ありのまま』とは程遠いところにいます。
そして、無意識のうちに少しでも受け入れられようと『普通』に合わせます。


つまり、『女か?男か?』という二択です。

セミナーやセッションでは、『性はグラデーションである』ということを
お伝えしています。


肉体のもつ型とは、また別次元で、グラデーションであるということです。
このグラデーションということには、なぜか拘りを持っていました


最近、過去この体験を思いだしてからは、
多分、それもかなり大きな原点だったような気がします。


僕は、薬やメスや、診断を受けずとも、どんなセクシャリティーであろうとも、
誰も気にせず、普通に『人間と人間』として付き合える世の中になって欲しい、
そして僕なりに貢献をしていきたいと考えています。


まず、自分がなんであろうと、ありのまま、そのままでいいと受け入れられる。

そして、少なくない方にとっては『性はグラデーションである』ということが、
体感できるだけで、自分を受け入れられるようになる。そう確信しています。


つまり、カテゴリーに当てはめず、まず自分の感覚、エネルギーを体感するのです。
ここでもやはり、『あなたは、いまのあなたそのままでいい』それを伝えていきたいです。









無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事