世界観や枠組みを変えるためには、"体感する"!!

堀内恭隆

iStock_000026206131Small.jpg

僕らは、何かを学んだり理解しようとするとき、
『 自分の枠組み
のなかで 』落とし込もうとします。


でも、これってちっとも変化がないのです。



スピリチュアルのマスターが、いくら『全ては愛だ』と言ってくれ
ても、
"愛の枠組み"がその人と違えば、その意味を理解すること
はできません。

お金のマスターが『感謝が豊かさを引き寄せる』と言ってくれても
"感謝"や、"豊かさ"の枠組みがその人と違えば、その意味を
理解することはできません。

ビジネスのマスターが『お客さんの欲しい物を売るから売れる』と言ってくれても、
"お客さんの欲しいもの"の枠組みがその人と違えば、その意味を理解することはできません。


枠組みを変えずに何か学んだつもりになっても、
以前とちっとも変わってなんかいないのです。


では、あなたが本当に何かを誰かから学びたい、
『この人のようになりたい!』と感じたときには、どうすればいいのでしょうか?


それは、『感じる』ということです。

ハッキリ言うと、セミナーなどで講師の『言葉』をメモしても、
れはあなたの枠組みや世界観を変えてくれることはありません。

なぜなら、『言葉』を後から読み返すときに、
僕らは自分の枠組みで読み返すからです。


学校の試験は、教科書の言葉を当てれば『正解』ということになります。

そこでは、あなたがどう感じているかなんてちっとも求められていません。


でも、『人生を変化させたい!』ということで学ぶのであれば、
なたの枠組み、言語空間、世界観を変化させる必要があるのです。


『愛』という言葉をあなたは、どんな枠組み、世界観で捉えているでしょうか?

愛について体現されている方、体感で表現されている方の『愛』と
それは同じなのでしょうか?


・・そう、枠組みが変わらない限り、いくら言葉を暗記しても、
ちっともまったく僕らは変わらないのです。

それを変えるためには、『感じる』ということです。

その人の感覚をエネルギーを、感じるということです。


仮に、その人が『愛』を体現していると感じるのであれば、
その人が『愛』という言葉を使っているときの感覚やエネルギーを感じるのです。

そして、あなた自身の言葉に置き換えるのです。

『あー、この人の言っている"愛"って"信頼して、委ねる"ということなんだ。』

その段階で、あなたはその人の伝える『愛』を理解していることになります。
そして、そのとき、あなたの中にある『愛』という枠組みも変化しています。


もし、本やセミナー、ワークショップで何か人生を変えるきっかけにしたいのであれば、相手の感覚や体感で表現していることを吸収してください。

いくら真面目にメモを取ったとしても、その言葉をあなたの枠組みに落とし込んでしまったら、あなたは変わっていないということと同じです。


まず、感じる。それから、あなたの言葉で改めて落とし込む。
それができると、何倍もあなたはそこから"学んでいる"ということになるのです。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事