長く続くビジネスは、関わる人がみんなが幸せということがポイントです

iStock_000000763253Small.jpg




長く続くビジネスは、関わる人みんなが幸せになるということがポイントです。


自分(経営者)、クライアント、スタッフ、株主、地域、取引先など・・
関係する方々が全て幸せになるビジネスが長続きします。



『売り手側の視点』と『クライアント側の視点』どっちが大切??



『売り手側の視点』『クライアント側の視点』どっちが大切??
という話を目にすることがありますが、当然両方大切です。



売り手側の視点の代表として、こんな極論があります。

『 ワクワクすること、好きなことで起業したら"絶対"にうまくいく! 』


クライアント側の視点の代表として、こんな極論があります。

『 やりたいことでは"絶対"に上手くいかない。
 お客さんが欲しいものを提供するから、
うまくいく! 』


これは、どちらも極論ですよね。


ビジネスとは、売り手とクライアント双方で成り立つものだからです。

売り手(自分)のことを無視すると、続けることがつらくなってきますし、
クライアントを無視すると、商品を購入してくれることはありません。



うまく行っているビジネスは、幅広い視点を含んでいる



『 私はワクワクすることだけやって成功していますよ! (売り手視点)』


と言っていて、実際に成功している方に何名もお会いしていますが
ただワクワクすることだけをやっているのではなく、
ビジネスとしてやるべきことは、かなりしっかりやっています。

『やりたいことでは成功しない!お客さんが欲しいというもので
 行うのがビジネス成功のセオリーです(クライアント視点)』

と言っている方にお会いしたこともありましたが、
その本人はやりたくないことを絶対にしない方でした(笑)

実際に『これは売れている!』という売れ筋商品を
『飽きた』という理由でやめていました。


ワクワクすること『だけ』となった場合、
売り手だけのエゴとなるケースを何度も見ています。

自分だけを満たすワクワクは、ワクワクの範囲が狭いのです。
クライアントから見て、独りよがりになります。

他の方の幸せを含んでいる方のワクワクというのは、
独りよがりのワクワクとはエネルギーが全く違います。

そのワクワクのなかには『他の方が喜ぶこと』これも自然と含まれています。
ビジネスで言えば、クライアント視点も合わせもっています。


『お客さんの欲しいという、"売れるものだけ"を売る』というスタイルは、
最初のうちは、ビジネスとしてはある程度うまく行きます。

でも、そういった自分不在のビジネスは続かなくなります。
精神的にキツくなってくるのです。

年に何億か稼ぎまくって、
でも満たされない方の相談に何回かのったことがあります。


共通していたのは

『なんのためにビジネスしていたんだっけ?

という虚しさでした。



自分も他人も含めた幸せが、長続きする



自分も他人も含めた幸せを生きている人の周りには、
お金もアイディアも、知識も、スキルも、インスピレーションも集まってきます。



LDMビジネスコース では、
両方を同時に兼ね備えたやり方を学んでいただいています。


即効性という意味では、少し時間はかかりますが、
5年、10年と持続するスタイルを確立するためにはこのやり方が一番ですね。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事