インスピレーション力が高まると、個性が際立つ。

堀内恭隆

Fotolia_52064612_XS.jpg



僕は、ライフ・デザイン・メソッド®を2009年に立ちあげました。
そして、それまでに培ったノウハウを体系化しました。

でも、それは " 自分のコピー " を育成したいのではありません。

インスピレーション力®が高まれば高まるほどに、その人の個性も高まり、
僕とは違った人になります。

LDMのファシリテーターになる方は、ここに魅力をお感じになるようです。

ひとりひとり得意分野、苦手分野があります。
それがいいのです。それが、個性だからです。

クライアントによっては、

『 堀内さんより○○さんのセッションの方が好き! 』

というのがあって当たり前で、それは相性、相談内容、タイミング・・
その他さまざまな要素が絡みます。

例えば、女性のクライアントの方のなかには、

『この人、セッション一生懸命やってくれているから
 応えてあげないと・・』

と、無理に頑張って、『答え』を出そうとすることがあります。

でも、出てこないときには、でてこないし、
はっきりしない時にははっきりしない。

だから、つぎのような接し方も正解だったりします。

『 悩んでてもいいよ。それがあなただから。 』
『 答えられなくてもいいよ。それがあなただから。 』
『 整理できなくてもいいよ。それがあなただから。 』


コーチやセラピストのなかには、使命感にかられたように、
『 相手の問題を解決しないと!! 』と力いっぱいになる方がいます。

(昔の僕がそうでした。)

でも、それ、クライアントさんが必要としているのか?
というと、そうとは限らないのです。

僕の場合、男性ですので、基本は整理・解決方向が得意です。

でも、クライアントさんによっては整理・解決なんて求めていないことも
あるのです。

ただ、話を聞いているだけ、そのうち、会話もほとんどない。
でも、その人の存在やエネルギーが
癒やしを引き起こしている・・そんなセッションもあります。

僕の場合には、人生のターニングポイントで、思い切った一歩を
踏み出す後押しは得意ですので、それを求めている方には
僕のセッションは合います。

だから、ライフ・デザイン・メソッド®のファシリテーターさんに
求めるのは、僕のコピーではなく、その方のもって生まれたものを
活かして、それを必要とする方に届けて欲しい。

それでこそ、" ひとりひとりの人生に寄り添う " ということができると
信じているからです。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事