「好き」「楽しい」という感覚が、心から望むビジョンを導いてくれる


セミナーにお越しいただく方に、こうアドバイスすることがあります。



『 いまのあなたの状態では、
  心から望むビジョンは出てこないです。 』


とくに、女性の方に多いのですが、
自分の人生を犠牲にして、「誰かのため」や「何かのため」に生きることに
慣れてしまった方は、

実は、"心から望む"ビジョンが出てこない状態にあります。

自分以外の何かのために生きるようになってしまうと、
自分の感覚よりも、そっちを優先してしまいます。

その結果、【自分で自分が分からない】状態になってしまうのです。


心から望むビジョンとは、"湧いてくるように"出てくるもの。
溢れるように、出てくるもの。


幼い子どもたちを見ているとよく分かります。

彼らは、『好き!』『欲しい!』『やりたい!』を素直に表現します。


成長するに連れて、僕らは


・『これって、わがままだよね。』
・『迷惑かけちゃうよね』
・『常識的じゃないし・・』
・『もっと真面目に一生懸命やらないと・・』
・『もう大人だから、無責任なことはできないよね。』


・・などなど、『欲しい!』『やりたい!』に制限をかけるようになります。


この、『欲しい!』『やりたい!』に制限をかければかけるほど、
僕らは自分がなにが欲しいのか見えなくなってきます。


そのような状態で、心から望むビジョンは出てこないのです。

ですから、まず、あなたがもし心から望むビジョンを導くためには、
好きなこと、心地いい事、なんでもいいので浸ってみてください。


そのうちに、『好き!』『欲しい!』の感度が高まってきます。
ときには、他の目を気にせずに、やりたいことを目一杯楽しんでください。


仕事や家庭のなかで、表現することが難しいのであれば、
ひとりで、自由に味わえる時間を思い切ってつくってみてください。


僕らが純粋な『好き』や『欲しい』という感覚ではなく、

"こうあるべき"という理想論や、頭で導いたビジョンは、
僕らのハートにスイッチを入れることはありません。


そこから導き出したプランは、僕らのモチベーションを
高めることはありません。


本来、ビジョンは難しく考える必要も、理屈も必要がないのです。
あなたの感性、感覚から湧いてくるものだからです。



心から望むビジョンを導くための第1歩
「好き」「楽しい」という感覚を蘇らせること。

このことを意識してみてくださいね。








無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事