LDMが、なぜインスピレーションを使うのか?



『 無意識 』は、漠然と【人生の全体像】を把握しています。

これを捉えるた
めには、普段の意識(=顕在意識)の
レベルでは、限界があります。


なぜならば、顕在意識は、いつも色々な囚われに制限を受けているからです。



・自分のもつパラダイムなどの枠組み。

・思い込み。

・自分への限界(だと思っていること)。

・無理だと信じていること。

・生活やお金の心配。





つまり、顕在意識は、つねに “想定の範囲内” に納めたいのです。

ここには、想定の範囲外や、奇蹟、人生の流れやタイミングなどは
入る余地がありません。



そこで、ライフ・デザイン・メソッド®を体系化するときには、

【 いかに、無意識がもっている“人生の全体像” 】を知ることができるのか?

ということを、追求ました。


その結果、インスピレーションに行き着きました。


なぜならば、インスピレーションは、無意識から顕在意識
橋渡しをしているツールだからです。


LDMでは、インスピレーションを活用したビジョンとプランを導く方法を
体系化することができました。


まず、

【 無意識がもっている“人生の全体像” 】

これを、インスピレーションで受け取ります。

そして、それをトランス状態でビジョンとして描きます。


ここから、『顕在意識』を使います。
なぜならば、顕在意識は、描いたビジョンを分析・細分化することが
できるからです。

無意識は、全体像を捉えることは得意でも、それを具体化することや
計画化することはニガテです。


整理をすると・・・

==============================================

 1.まずクライアントの無意識全体にアクセスするように誘導し、

 2.つぎに、そこで受け取ったインスピレーションを感覚的に受け取りながら、
   それをビジョンとして描き、具体化・プラン化することで

 3. “無意識がもつ設計図”を、具現化する。

==============================================

という流れとなります。


意識のうち、たったの0.01%と言われる、
顕在意識を使ってプランを出しても、それは『頭で考えた』レベルのもの。

インスピレーションを使うことで、残り、99.99%といわれる
無意識レベルのプランを引き出すことができるようになるのです。


これが、ライフ・デザイン・メソッド®がインスピレーションを
活用している理由です。



___________________________________
  
 Facebookでは、ライブで『生の声』を発信中!
 お気軽に『友だち申請』を!
 ⇒ https://www.facebook.com/horiuchi.yasutaka
 
___________________________________




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事