わたしとは?



ある方とのメッセージのやり取りで、こんなご質問を受けました。


> 私ってなんでしょう?
> 考えるとわからなくなりました。


それについて、こう答えました。

=======================================

“わたし”がいないときに、“わたし”でいられます。
“わたし”にくつろいでいるとき、“わたし”はつねにいないとき。

“わたし”を意識しないとき、“わたし”が表れているし、
“わたし”が表れているとき、“わたし”を意識していない。

“わたし”を理解しようとしているとき、“わたし”を感じられないし、
“わたし”を感じている時には、“わたし”を理解していない。

これが、“わたし”という正体です。

=======================================



これが、“自分探し”をしている間は
その人が「自分」を決して見つけることができない理由です。


世界No1コーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズのセミナーに
出たときに、彼がこう言っていたことが印象に残っています。


『いい仕事に集中できている状態には、ある特徴があるんだ。

 それは、

 ・“時間を感じていない”
 ・“その場とひとつになっている”
 ・“自分がいない”

この状態のときなんだ。』



もう、ずいぶん昔のことですので、言葉として正確ではないですが、
このようなニュアンスです。

僕が、セッションでこのことを意識し始めてから
大きくセッションのパフォーマンスが変わりました。


この感覚が掴めてから、分かったことがあります。

偉大な仕事を成し遂げている人には、
つねに“自分”というものがいないということ。


少なくとも、その瞬間には、その人はその人自身を意識していない。


目の前の仕事と、現場とひとつになって、
それ以外には意識がないということです。


その瞬間には、恐れも不安も存在していません。

そして、本物のインスピレーションとは、
そのような瞬間に訪れるのです。





 ___________________________________
  
  Facebookでは、ライブで『生の声』を発信中!
  お気軽に『友だち申請』を!
 
 ___________________________________







無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事