インスピレーションを実現してしまう自分になってしまう

インスピレーション力™レベルアップクラス、
大阪、東京ともに開始しました!



『いままでビジョンと思っていたものが、“他の人が望んでいたもの”
 だと分かって、すべて白紙になりこれからどうなるか楽しみです』


『実はさっき、セミナー終了後
 “絶対に必要だ”とこだわっていた、ある100万円のセミナーの参加を
 無駄だと分かってやめたことを妻に電話しました。』


『ここ数年で、一番の衝撃の気づきを得て、いまかなり混乱中です(笑)』



・・・などなど、初日から“頭で考えるビジョン”と、
“インスピレーションで捉えるビジョン”の違いを体感され、変化される方が続出。




このコースは、“インスピレーションを実現できる自分になる”コース。

理屈や理論で憶えていただくのではなく、実際にそういう自分になっていただきます。




インスピレーションを正しく受け取り、正しく実践するためには、
自分の“意識の状態”が大切になってきます。


例えば、ビジョンを導きだすときに、3年後の自分として描いてみる。


今の自分が「こうなりたいなー」というビジョンではなく、
3年後の自分の価値観、世界観、感覚になって描いてみる。


いまの自分が限界と考えること、無理だと思えるようなことも

3年後の自分であれば解決策を知っていたり、
乗り越えられる自分になっている。


“3年後の自分から降りてくるインスピレーション”をキャッチし、
描くツールにリアライズ・チャート™というものがあります。



この『リアライズ・チャート™』の流れに沿ってビジョンを描き、
具体化・行動化する『VIRAP™』という流れで落とし込みます。




そうすると、いままでビジョンを描けなかった人、
行動レベルまで落とし込めなかった方でも、
内側からビジョンが湧いてくる。インスピレーションが湧いてきます。


実際に、ある敏腕コンサルタントの方が、

『 なんと、この流れでやるとアクションプランがどんどんでてきます! 』

と絶賛されているプランニング方法です。



ポイントは、「今の自分が実現したいこと、やりたいこと」ではなく、
『3年後の自分として感じ取ること』。


行動プランも「いまやるべきだと考えること」ではなく、
『3年後の自分として、振り返ってやってきたこと』を振り返る感覚。



そうすることで、インスピレーションでビジョンを描くことができるし、
いまの自分の枠組みや限界を超えることができるのです。


この習慣を続けるとすごいのが、
常に、少し先の未来の自分としていまを捉えることができるようになる
ということです。


紙に描いた計画を意識して実行するのではなく、
少し先にいる未来の自分感覚でいまを常に捉える。


いま、起きている出来事の意味も、
少し先にいる未来の自分感覚で捉える。


これが実際にできるようになると、
常に自然とインスピレーションから受け取ったビジョンの中で
行動しつづけることができるようになるのです。


これこそが、“インスピレーションを実現してしまう自分になってしまう”コツなのです。




無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事