断ることが怖いあなた!自然体が鍵ですよ。

Fotolia_78311030_XS.jpg



以前の僕は、


「本当はこの仕事は受けたくない」

「誘われたけど、なんとなく気分が乗らない...」


そう思っていたとしても、断りきれませんでした。


それは、どこかでこう思っていたから。


「相手を傷つけてしまうかもしれない」
「相手に嫌われるかもしれない」


こんな風に「断ってはいけない理由」を並べて
「断りたい」という内側から湧いてきた気持ちに蓋をしてしまうことが
よくありました。



「断りなさい」という内側からの声、インスピレーションが湧いているのに
「相手が・・・」「相手に・・・」と考えている時点で外側に意識が向いています。


つまり、僕らが気を使っているときには
自分の内側ではなく外へ意識が向いて動いているのです。


そのときは、僕らは自分らしくいられず
" 相手側の期待に応える自分 になっています。


つまり、本来の自分でなくなっているのです。


本当はただただ自分らしくいる、というだけで良いのです。

相手が誰であろうと、どんな立場であろうと
ただただ自分でいるだけで、自分側で答えを出すことできます。


どんな相手でも一切萎縮せずに「自分でいる」ことをキープすると
影響力が高まります。


自然体で自分らしくいられる人ほど、実は影響力が強いのです。
自然体でいると、周りに飲み込まれずにいられます。

そうすると、リラックスした状態でいられるので
インスピレーションが湧いてきやすくなります。



そして、自然体で断るときは嫌な感じがしないのです。

「今仕事でいろいろ抱えていてこれ以上はできません」
「ほかにやりたいことがあるので今回の会は参加できません」

と、さらっと言えます。


相手を説得する必要がなくなるのです。

相手に飲まれてしまうと、「相手を傷つけてしまうかも」と
外側に意識が向き、内側への意識が向かなくなり
インスピレーションが湧きにくい状態になります。


どんな相手でいても一切萎縮せず自然体でいることで
内なる声、インスピレーションを受け取りやすくなります。


つまり、自然体でいられればいられるほど
断ることに罪悪感や気負いがなくなっていくのです。


相手を意識すればするほど、僕らは萎縮して身構えてしまいます。
だからこそ、まずはあなた。


あなたが、自然とリラックスできる感覚を大切にしてくださいね。





無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事