1月30日(土)31日(日)沖縄講演
オーガナイザー 本永 明子

この講演プロジェクトになぜ参加したのか?

オーガナイザー 本永 明子

直観と気持ちの躍動から、気づいたら動いていました!!
半年前にFBで堀内さんを知り、とたんに堀内さんの発信されている言葉や内容に強く惹かれている自分がいました。全国で堀内さんの講演会が行われるという企画に、ただただ、参加したい!お会いしたい!という高揚感で、「沖縄にもお越しください、お手伝いします」のメッセージをお送りしました。
私としてはビビッときた衝動的な行動でしたが、堀内さんからの沖縄開催決定の連絡に大喜びすると共に、オーガナイザーという大役には驚きを受けました。
正直、まだ何も確立していない私にこんな大役が務まるのかという不安はありますが、堀内さんの講演会ですので、それだけで必ずうまくいくという確信があり、この選択に迷いはありませんでした。
これまでご縁で関わってきた、数々の講演会のお手伝いが役に立つときがやってきたのだと思いますし、私はこのチャンスと経験を楽しむだけだと思っています。
全国の素晴らしい方々とこれからつくりあげていく経験を楽しみながら、堀内さんの本の出版がかたちになる過程を一緒に協力させていただけたらと思っています。

この講演プロジェクトを通して私が飛び込む新しい世界

これまでの「社会が求める・学校や会社や親や他人が望む」ような常識、概念の枠ではない本来の自分としての生き方、自分で選択し自分のペースで人生を歩む、自由で自立した生き方を応援できる活動に繋げていきたいと思います。
すべての人は自分がみたい世界をみている。
だからこそ、何がみたいのか、自分が決めていける。
このプロジェクトは、そのきっかけ、気づきをもたらすことになると思います。
堀内さんが発信していることは、これからの流れ、人々が無意識にも求めていることに大きなヒントになると感じています。講演会の場が人々の意識に一石を投じ、人々の意識が動くスイッチ、チャンスになるイメージにワクワクしています。
これらに共鳴した意識がひろがること、全国からの意識の渦が、あらたな世界に意欲的に発動していくような人々を繋げ、どんどん創造の場が拡がることを願っています。
さらに今後はこのプロジェクトでの経験を活かして、自由で新しい発想をもった方たちの講座の企画、素晴らしい能力や可能性をもった方たちのプロデュースなど、自分がワクワクする活動をしていきたいと思っています。その道を進んでいった先に展開していく世界を楽しんでいきたいと思います。

プロフィール

沖縄県生まれ。
大阪の短大で教員の資格を取得後、帰沖。
小学校教員を2年経験後、航空会社で地上職を7年経験。
その後、医療・保養関連事業の会社に転職し、約20年勤務。
総務部長として人事労務、総務全般の業務に約10年携わり、その後は医療関連部署でクリニックのたちあげやアウトソーシングの部門に関わる。
その後は保養関連部署で、5年間ホテル兼会議場の支配人を務める。
2014年3月に退職

これまで30年近くサラリーマンとして勤めていた環境から2014年に卒業しました。
なぜか不思議と自分の中で強くはっきりと、卒業という区切りがつき、これからの道を歩むことを選びました。また、そのタイミングを選んだかのように同時に、両親の病気介護がおこりましたが、おかげで会社には後押しをいただき、すっきりと送り出してもらえることができました。ありがたいことに徐々に両親の病状も落ち着き、自分の時間をつくりだす環境にも恵まれてきました。

これまで、自分の生き方や人生の意味に興味を持ち、読書に没頭したり、セミナーやワークショップに参加したりと自分探究を続けてきました。そこからたくさんの視野を学び、少しずつ自分に対しての気づきを得るともに、人間関係の悩みや苦しみなどの実際の経験が大きなギフトとなり、今の自分をつくってきたとあらためて人生に深い感慨を覚えます。

最近は「会いたい人に会う!好きな人につながる!」と決心して意図すると、新しい世界はどんどんひろがり、好きな人しかまわりにあらわれなくなりました(笑)
そして、つながる人には必ずつながるものだと確信しました。
だから、自分を100%信頼する、自分の流れを信頼するだけでいい、あとはそれをどれだけ信頼できるかだけなのだと。
まだまだ悩みは起こりますし、人生の模索は続きますが「人生を謳歌する、自分の人生を生きる」ことを日々感じていきたいと思っています。
「自分」を楽しむこと、起こる出来事や経験を楽しむこと、「自分」の人生をクリエイトしていくことが人生の意味、生きることの意味かもしれないと感じている今日この頃です。明日、人生を終えても満足♪といえる生き方を目指したいと思っています。

(趣味)瞑想、自然散策、土いじり、犬とたわむれること

閉じる