愛する存在が表れたとき、男性は "本当のオトコ" に目覚めます。

Fotolia_61938180_XS.jpg

かつて、僕はいまで言う "草食男子" でした。
 
    
草食男子は、団塊世代やバブル世代の男性とはまったく
性質が違います。
 
 
真面目で表面的には優しく、奥手で、恋愛に積極的ではない。
女性に気を使って、ぐいぐい迫るなんてもっての他。
むしろ、疲れてしまうからひとりの方がまし。
 
恋愛で傷つきたくないから、なかなか自分からは踏み込むことはありません。
  
 
僕の場合にはまだ社会に出た頃、会社のお姉さまがたから

『 酒もタバコも遊びもしない。それって楽しいの?? 』
 
と、真顔で聞かれたことがあります。
 
 
 
" 草食男子 " とは、『 男性の、男性性の抑圧 』によっておきます。
 
 
その結果、男性としての本能が未成熟なまま大人になります。
 
 

僕の母は、セクシャルなことについては敏感なほど敏感ひとで、
嫌悪していました。

その結果、思春期の性の目覚めの時期に
僕は本能を抑圧していくことになります。
 
 
 
そんな "男の子" が、成熟した男性に生まれ変わるきっかけがります。

 
それは、自分以外の " 愛する誰か " のために
生きることをスタートしたときです。
 
 
 
通常、男性性は『 自分のために生きる 』という性質があります。
 
 
・"自分の" 夢
・"自分の" ビジョン
 
 
を追うことにエネルギーを注ぎます。
 
そこに、『 自分以外の誰か 』が入ってきたときに、男性は生まれ変わります。
 
 
僕が、妻の瑠美さんと出会った頃には、かなり男性性そのものは
出始めてはいました。
 
 
仕事はノリにノッて、自分の能力や将来には自信がある。

そして、ある、"叶えたいビジョン" のために何年も
努力を積み重ねていました。

『 恋人なんていらない 』と公言していましたし、そう思ってました。
 
 
・・・ただ、実のところは、それは言い訳でした。

たったひとりの女性を前にするとまったく
自信のない無力な自分が表れる。

恋愛に関しては、" 草食男子 " になってしまう
自分がいるというだけだったのです。


 
『 夢を追っている 』は言い訳で、その実
女性と深い関係に踏み込むことが怖かったのです。
 
 
それが、彼女と出会ったときに根本から変わってしまいました。
 
 
彼女を幸せにしたいと、強烈に感じました。
いまのままの情けない自分じゃ駄目だ!彼女にふさわしい男になる
  
そう強く感じました。
 
 
そして、それまでにない想いが芽生えました。
 
  
『 彼女の幸せのために生きる!それが僕のなかでの最優先だ! 』
 
 
人生で、はじめて『 自分以外の存在 』が優先順位に上がったのです。

その瞬間、いままでにないパワーとエネルギーが僕のなかに
もたらされました。
 
 
自分のためだけに生きるというエネルギーとは何倍も違うエネルギーです。
 
 
そうなると、男性は、自分のなかに揺るぎない軸がもたらされます。

愛する存在のために、しっかりとした自己を確立し、
その人の幸せに生涯を捧げるということが軸になります。
 
 
実際に、その軸によってそれからの僕の人生には
安定感がもたらされました。
 
 
ビジネスやお金の面も含めて、あらゆる流れが変わりました。
 
 
男性は、愛する存在を通して、自分の存在の意味を知るのです。
 
 
 
それは、『 子供 』であっても、『 守るべき部下 』
『 守るべき会社 』であってもいい。
 
 
自分以外の、それ以上に自分を捧げたい存在との出会い。
それこそが、男性性の真の目覚めです。


そこからはじめて、男性は利己的な自分から開放され、
自らの存在意義に目覚めます。
 
 
自分ひとりのために生きている間、男性は心の奥で虚しさを感じています。

直接生命と繋がっている女性と違って、
なにも目的がないと『 世界にいる意味 』が見えないのです。

つまり、それまでの間、
深い部分で『 世界に居場所がない 』と男性は感じているのです。  
 

だから、愛するものが表れたときはじめて、
男性は世界に居場所を見つけます。

そして、自分という器を使って役立つ存在として目覚め、
『 本当のオトコ 』になっていくのです。













無料で情報をお届け中!

『ライフ・デザイン・マガジン』
7日間でインスピレーション力®を10倍鍛えるメールマガジン。

関連する記事

 

最新の記事